妻のパーソナルスペース。リビングに仕事用の座卓を導入してみる。

主婦のみなさん、自分の部屋ってありますか?

主人には書斎なる部屋*1を設けておりますが

私の部屋は…強いて言えばリビングやキッチン。

 

周りを見渡してみてもそういう奥様は多いのではないでしょうか。

 

これってよく考えたら不思議なことで。

妻だって、座って頭を使って何かをする時間は欲しいもの。

確かに、1日のほとんどは

キッチンに立ったり片付けなどで、家の中をウロウロはしていますが…

 

それでも昔と違って今の奥様なら

ゆっくりネットサーフィンしたいとき

手紙を書きたいとき

勉強をしたいとき

仕事をしたいとき

そんなパーソナルな時間を作りたい方は多いのではないでしょうか。

 

そんなときは

妻はどうすればいいのだ。

妻のパーソナルスペースはどこだ。

妻にも自由を!(←?!笑)

 

カフェ行くのもダイニングテーブルも限界がある

結婚しながら働いていた頃、私はいつもカフェに逃げていました。

お気に入りのカフェが近くにあったので、そこでゆっくりコーヒー飲みながら

作業をしたり、勉強したり…

ただ、デメリットもあります…

・お金がかかる

   →さすがに自分も働いてる時くらいしかできない

・混んでくるとさすがに気になって、都度店を出る

   →集中できない

Wifiなど、環境もどこまで整っているかがわからない

   →そもそも使えないかも

 

家のダイニングテーブルを使うというのも手ですよね。

ただ、ダイニングテーブルはいわば家族の公共の場所。

家族の公共の場所をプライベートでも使うというのは、私の中ではデメリットだらけ。

デメリット

・ご飯など、時間になれば場所を空けなければならない

   →やりかけにできない

・やりかけでモノが置かれていると、そこを起点にどんどん散らかる。

   →公共の場が散らかりやすいと、家事が無駄に増える

・主人も使いたいときはどかないといけない。もしくは人がいると使えない

   →集中できないし、時間のロスが大きい。

 

リビングに妻パーソナルスペースとして座卓を導入することに

かといって、わざわざもう一部屋増やすってのも、ちょっと違うので

考えた末、リビングに私のパーソナルスペース用テーブルを導入することにしました。

それもこじんまりとした座卓。わざわざ座卓にした理由は

リビング全体のバランスがいいから。

 

ダイニングテーブルは、だいたい床から60センチ前後の高さにあるものですが

同じかそれ以上の高さのテーブルがもう一つあるのはちょっとバランス悪い。

さらに大きすぎるのも、部屋が狭くなるので、なるべく小さくしたかったのです。

 

さらには、私が床生活が好きなのもありますが。

 

 

しかもこちらの座卓、引き出しもついているので収納もできちゃいます。 

 

引き金部分も可愛くて一目惚れ。

 

 

今までなかったスペースができて、落ち着いて作業ができるのと

何よりダイニングテーブルが散らからないのもポイントが高い。

 

いい買い物をしました。

 

ちなみにお店はこちら♪

branche* 京都に行かれることがあれば是非行ってみてください♪

*1:厳密には、部屋の半分を区切って仕事テーブルを置いている形