近頃はさつまいも料理がいと楽し:さつまいもきんとんなど色々つくってみた話

究極に糖質制限をしていた頃(エントリ***)は、糖質は1日50g以内。さつまいもなんて食べたらすぐにオーバーしてしまうので、しばらく芋類からは離れていました。

しかし近頃は、厚生省が提唱する120g前後に抑えるという緩めの糖質管理なので、サツマイモなんていう甘い食べ物も食べたくなるわけです。

和菓子として使えて沖縄でも手に入るサツマイモ

f:id:tama222111:20180614095933j:plain

沖縄には、所謂抹茶や煎茶にあう和菓子が少なく感じます。どちらかと言えば、烏龍茶やほうじ茶といったような香ばしいお茶があうようなお菓子が多いように感じます。やはり古くから大陸の影響を受けているからでしょうか。気候風土が違うからでしょうか。

 

確かにこちらに住んでいると、京都にいていた時のように「今すぐ抹茶が飲みたい!」といいたような、半ば中毒的な衝動はあまり現れないのですが…しかしやはり、緑色のお茶が好きな私としては、では、自分でお菓子でもつくってみようか。という事です。

 

いちご、もも、みかんなどといった、南国以外で育つ果物がすこぶる高い沖縄で、和菓子にも変身できる甘いものといえば、サツマイモです。

しばらくはおやつ代わりにサツマイモを楽しむ事としましょうか。

さつまいもで:きんとん

皮むき薩摩芋をレンチンで柔らかくします。そしてそれらを潰します。

潰す際はマッシャーを使うのがいいですね。こちらのマッシャーは最近買ったオメガヴィスペンというキッチンツールです。

潰す・混ぜる・すくう・とかす等、多機能キッチンツール。

いい具合の幅の穴が空いているので、ぎゅっと押し込めば、

いい具合に潰れます。

耐熱なので、炒め物のヘラがわりとしても使えて、その割に安い。非常に重宝しています。

南海通商 Omegavispen(オメガヴィスペン) BK 0114-015

南海通商 Omegavispen(オメガヴィスペン) BK 0114-015

 

家事の時短:実践編(***)でも書きましたが、買ってよかったキッチンツールの一つです。

 

それはさておき、この潰した薩摩芋の中に砂糖を加えます。

さらに私は香りづけのためにシナモンも加えました。

しっかり混ぜます。

全体がまざりました。

ここで軽く味見を。甘みが足りないなどあれば、さらに加えてまた混ぜます。

 

あとはサランラップに適量包んで

くるくる丸めます。

余計な水分などは入っていないので、ある程度は整います。

私は一気につくって冷蔵庫で保管。食べたい時に一つづつ取り出して食べています。

 

軽くレンチンしてもホクホクして、美味しいです。

シナモンの香りもお気に入り。

 

さつまいもで:大学芋

https://www.instagram.com/p/BeRwESpHF9q/

大学芋って案外簡単にできるのですね。

カットした薩摩芋を油を多めに引いたフライパンで焼いて、ある程度火が通った頃に水に溶かした砂糖(私は甘酒を使っています)を加えて、薩摩芋に絡めながら焼くだけ。

大学芋は、サツマイモを揚げるものだとばかり思っていたのですが、揚げずに油で炒めるパターンなら、また作れそうです。 

さつまいもで:カップケーキ

上記でつくった大学芋をカットして蕎麦猪口をつかったマグカップケーキ に加えてみたというものです。

材料(1蕎麦猪口あたり)

大豆粉か全粒粉:大さじ2

きび砂糖:大さじ1.5

重曹かベーキングパウダー少々

きなこ:大さじ1

卵:半個

オリーブオイル:大さじ1

牛乳か豆乳:大さじ1

カットした大学芋:少々

ごま:少々

 

詳しい作り方はこちら。

 

味噌汁作りの時短:おじいちゃんから学んだ知恵の話

先日京都のおじいちゃんのところに帰省しておりました。

 

そこで祖父が実践している味噌汁の時短技がなかなか秀逸だったので、私も生活に取り入れているという話です。

要は濃口の味噌出汁をストックする

今まで味噌玉をつくってそれをストックするような事はありましたが

どうしても味噌玉では、中に入れられる具材が限られてきます。

(豆腐やお肉を入れるのは難しい。それらに熱湯だけで熱を通すのが難しいため)

ところが、こちらの出汁をストックするという技であれば、具材を選ぶ必要がありません。

 

また、味噌汁を作るたびに、出汁を作ってそこに味噌を溶かすという行為は非効率とも言えます。

我が家のように毎日味噌汁を作る場合は特にです。この出汁と味噌の工程を一気に済ませてしまうという点に、この時短の知恵の大きなメリットがあります。

具体的な方法

1L分くらい、先に味噌出汁を作ってしまいます。それも、3割増の濃口で。

出汁は通常×3つ分で取ります。味噌も通常×3倍分投入します。

味見をして「からい!」くらいがちょうど良いです。

 

辛くする理由としては、その方が傷みにくく保存が効くため。

お玉:1すくい分の味噌だし+3すくい分の水=味噌汁出汁完成

くらいが理想とのこと。

 

ちなみにおじいちゃんは、この時の味噌に赤味噌を使っていました。

赤味噌は特にからめで、持ちがいいからとのこと。

イチビキ 名古屋八丁赤だし 500g

イチビキ 名古屋八丁赤だし 500g

 

しかし私は、お気に入りの合わせ味噌を使っています。

一応合わせでも今の所問題はなさそうです。季節にもよるとは思いますが、3〜4日は持っている様子。

 出来上がった濃口の味噌だしは、少し冷ましてからストックケースに入れて保存です。

私はこの時、おなじみWECKのガラスケースをつかっています。なぜこれを使うかというと…

このように、私が使っているお玉がすっぽりとちょうど入るからです。

味噌は底に沈殿するので、使用する時はしっかり混ぜないと行けません。

おじいちゃんは、密封タッパーを振ってかき混ぜていましたが、蓋が無駄に汚れて雫が垂れるのが嫌だったので、お玉を入れて混ぜられるサイズを探していました。するとこちらのWECKがヒットしたというわけです。

 サイズはこちらの1Lタイプ。

冷蔵庫に立てて収納可能で、幅も取らないので重宝です。

それでは早速お味噌汁をつくっていきましょう

まずお玉で水の分量を(適当に)測って、具を入れて火を通します。

味の濃さは好き好きですが、私は 水:味噌出汁=3:1が好みです。

具にいい具合に熱が通ってきたら、そろそろ味噌だしの入れ時です。

 

しばらく保管していた味噌だしは、こちらのように味噌が底に沈殿しています。

この中にそっとお玉を入れて、かき混ぜてから使います。

そしてその前に測った水の分量を目安に、出汁を投入していきます。

味見しながら、足りないと思えばまた足します。

 

完成です。

この味噌出汁のいいところは、具材に火が通り過ぎない事。クタクタの野菜も美味しいですが、ある程度歯ごたえや色合いが残っている方が楽しめるという事もあると思うのです。

 

煮詰めすぎずに美味しいお味噌汁ができてとても満足しています。

簡単手作りグラノーラ:おつまみやサラダやチョコなど おやつにして楽しんだ話。

糖質管理もゆるめになってきた近頃は、ナッツやドライフルーツを積極的に摂取することにハマっています。

ナッツはそのままナチュラルに食べるのもいいのですが、それだとアテにはなれど、おやつにしては心もとなく。

ドライフルーツに関してはラム酒に漬け込んでヨーグルトにかけたりなんかしてましたが、なんだか漬け込んだものを取り出すのが面倒くさかったりして、いつのまにかしなくなっていました。

いろいろ試行錯誤した結果、ナッツもドライフルーツも混ぜこぜにした、グラノーラが楽しいことが分かったので、そのお話です。

グラノーラとはなんだろう。

そもそもグラノーラとは、

グラノーラとは、ロールドオーツ(燕麦押麦)や、麦、玄米、とうもろこしなどを主とした穀物加工品と、ココナッツ、ナッツなどを、砂糖、蜂蜜、メープルなどのシロップ(糖蜜)、植物油とで混ぜてオーブンで焼いたもの。さらにドライフルーツなどが混ぜられることも多い。

 by Wiki

とのことです。

よく聞くミューズリーとの違いは、熱加工されてるか否かの違いとのこと。

ミューズリーとは、ロールドオーツ(燕麦押麦)などの未調理の加工穀物とドライフルーツ、ナッツ、種子類などを混ぜ合わせたシリアル食品の一種である。

スイスが発祥で、元来は軽い夕食として食べられていたんだそうです。

by Wiki

いずれも、医師がサナトリウム患者のために作った高栄養食品として誕生しているようですね。

グラノーラは買うより作った方が美味しいと思う。

いくつかグラノーラを購入して試してみたことがありますが、どれも甘すぎる感覚だったのと、あんがい値段が高いこともあって、買うのではなく、作ることにしています。

そして我が家にはオーブンがないため、普通に鉄のフライパンで軽く炒めております。

材料は押し麦、ナッツ類、クコの実、松の実、クランベリー。など。

これらをサッと火にかけて、さらにシナモンをかけてれば完成です。

https://www.instagram.com/p/BaOGtPEHVut/

私はおつまみとしても食べたかったので、砂糖など甘みを加えるのは辞めています。しかし、糖分を加えたら加えたで、いい具合にまとまって、サクサク感も楽しめるのではないでしょうか。

 

糖分がなくとも、火がとおるとサクサクした食感になるクコの実と、シナモンの香りがいい具合に仕上がります。

ナッツ類は、こちらのミックスナッツがとても便利で重宝しています。

ユウキ クコの実 250g

ユウキ クコの実 250g

 

以上の具材は一例で、他にもアプリコットが手に入ればアプリコットを混ぜてみたり、炒り黒豆が手に入れば、黒豆を混ぜてみたり、時々で様々に変えています。

 

量が減ってきたら、その都度、手に入ったナッツ類を軽く炙って加えます。糖分で固めたりしていないので、後追いでケースに入れても、シャカシャカ振れば、いい具合に混ざってくれるのも便利で気に入っています。

スパイスは、シナモンもいいですし、フェンネルシードも独特の甘い香りが爽やかでいい具合になります。 

マスコット セイロンシナモンパウダー 25g

マスコット セイロンシナモンパウダー 25g

 
神戸アールティー フェンネルシード 250g

神戸アールティー フェンネルシード 250g

 

グラノーラを便利につかう

そのままおつまみにする

サクサクした歯ごたえが、つまみとしても楽しめます。

そのままヨーグルトにかける

https://www.instagram.com/p/BYZL9-bHON9/

ヨーグルトを食べる時に添えてみます。ヨーグルトの水分が押し麦やナッツに吸い上げられて、ソフトな食感になるのも楽しくて美味しいです。

スムージーの飾りとして乗せる

https://www.instagram.com/p/BY7ZS_2nf0y/

暑い日のデザートにつくるスムージー。数カケのグラノーラをかけてみても、飾りになるわ美味しいわで、いい感じです。

はちみつを入れてハチミツナッツとして楽しむ

たまに、ハチミツに漬け込んでしまいます。食べる時は、このままチーズにかけておつまみにしてみたり、ヨーグルトにのせても楽しめます。

また、ハチミツに漬け込む場合は、いつもより多めにフェンネルシードとシナモンを加えてもいい感じです。

サラダにかける

https://www.instagram.com/p/BaQSembHaPw/

クレソンサラダにグラノーラをかけてみました。これも、ベースで糖分を使っていないので、とても自然にサラダのナッツとして楽しめました。

クレソンの香りにもよくあったものです。

シリアルっぽくして楽しむ

https://www.instagram.com/p/BYZ6g-VHCgu/

急におやつが食べたい時に重宝します。

カップ一杯にグラノーラを入れて、牛乳を流し込んで、シリアルっぽくして楽しめます。上からミックスベリー(冷凍)をかけて、ダークチョコを数カケ乗せてもいい感じです。

バナナやキウイなど、その時手元にあるフルーツを乗せても、豪華なシリアルが手軽に完成します。

グラノーラチョコバーにする

https://www.instagram.com/p/BaP-OzzHRv3/

一時期ハマってよくつくっていたローチョコレートに、グラノーラを混ぜてみたということです。

作り方は、

・溶けたココナッツオイルにカカオパウダーを加えてツヤが出るまで混ぜる。

グラノーラを加えて混ぜる。

・型に平たく広げて、冷蔵庫などで固める。

・固まったらカットする。

ということです。

ローチョコは、ココナッツオイルの代わりに湯煎したカカオバターを使うこともできますが、湯煎という作業と、カカオバターというレアな品を手に入れるのがめんどくさく、私はいつもココナツオイルを使用しています。

なおココナッツオイルは、20〜25度以下になると固まってくるので、つまり溶けやすく固まりやすく、冷蔵庫に入れて扱う分には扱いやすい。ということです。

 

孤独のグルメに出てきたトマトの酢漬けを作ってみた話

井之頭五郎という中年男性が “ 一人で ” ご飯を食べる姿を粛々と描いた漫画「孤独のグルメ」をご存知の方は多いと思います。

孤独のグルメ - Wikipedia

我が家では、この孤独のグルメのドラマ版(テレ東)を、お昼ご飯を食べながら一話づつみていく事が楽しみの一つなのですが、

孤独のグルメ 6th season の 第2話で彼が食べていた「トマトの酢漬け」なるものが美味しそうだったので、私も作ってみようとしたお話です。

トマトの酢漬けを作ってみる

トマトをただただ酢漬けにしたという事なのですが、すでに酸味のあるトマトを酢漬けにしてしまうという、重ね技。さぞさっぱりして夏には美味しいのでしょう。

ポイントは漬け酢です。こちらが美味しく仕上がればなんとかなりそうです。

漬け酢材料

トマト 適量

酢 大3

砂糖 小2

醤油 小2

塩 小1/2

かつお節 ひとつかみ(出汁でも可)

お好みで、刻み昆布を入れてみてもいいかもしれません。

 

作り方

まずはトマトの皮を湯むきします。

トマトの底に十字の切り込みを入れておきます。そうすれば皮を向くときにズルっと簡単にむけるのです。

トマトに熱が加わってきて、皮がズルッとむけてきている状態。

余談ですが、以前にもご紹介してますこちらのオメガディスペンは、火を通したトマトをすくい上げるのにも、とても便利です。

南海通商 Omegavispen(オメガヴィスペン) BK 0114-015

南海通商 Omegavispen(オメガヴィスペン) BK 0114-015

 

取り出したトマトは、全て皮をむきます。するすると簡単にむけるので、この作業は結構ハマります。

綺麗にむけたら、食べやすいようにカットしておきます。

ちなみにこちらは、カットしておかなくても、丸々のトマトを漬け込んでも十分美味しくいただけます。

私は食べるときに都度カットするのが面倒だっただけなので、どちらでもいいと思います。

 

では次に漬け酢です。

前述しました分量を容器に混ぜておきます。 

たまに味見をしてみましょう。

私は出汁の味が好きなため、出汁と鰹節を多めに加えてみました。

 

最後に漬け酢にトマトを漬け込みます。 

ちょうどWECKの500ml瓶がぴったりでした。

こちらを数時間〜1日ほど冷蔵庫で冷やし漬け込めば完成です。

ギンギンに冷えました。

 

お皿に開けてみましょう。

少し黒七味でもかけてみようかな。

おいしいですね。

とてもトマトの自然な旨味と、カツオ出汁の旨味がいい具合です。おいしいですね。

 

黒七味かけてみたのも正解でした。

こちらのは、我が家には欠かせない薬味。

 

パルメザンをかけて少しマイルドにしてみるのもいいかもしれませんね。

 

言わずもがな、酒にもよく合います。晩酌のお供にいかがでしょうか。

九谷青窯 米満麻子さんのレモンの木 オパール皿に込めた想い

色彩豊かな九谷焼き。中でも九谷青窯は若い方々にも人気の窯元です。徳永遊心さんがとても有名ですが、今回は米満麻子さんのオパール皿を購入しました。

 

実を申しますと米満麻子さん(あさちゃん)とは大学時代の友人です。卒業後、京都の清水焼にて絵付けの修行をし、その後九谷青窯にて今日までの活躍をされています。

 

ちょうど京都の伊勢丹にイベント出店するということだったので、あさちゃんに会いにでかけたところ、この大きなオパール皿に出会ったのでした。

筆の息遣いが残るレモンの木に一目惚れです。

 

このお皿は裏にもレモンの木の絵が書かれています。

彼女曰く、お皿を洗う時も、裏返して楽しめるように、裏にも絵を施したんだとか。

なんだか、あさちゃんらしいなと。

大学を卒業して、お互い違う道を歩んでいるけれど、そういったやさしい心は変わらずで、その話を聞いてホッと心温まったのをおぼえています。

 

最後に京都伊勢丹で会った時に彼女は、そろそろ自分で自分の作品を作っていきたいという想いを語られてました。

 

すると、やはり。もう生産は終了しているのですね。

彼女も次のステージへステップアップしたのだな、となんだが私も胸が熱くなりました。

前職(伝統的な商品の雑貨メーカーでした)でもそうでしたが、作家さんに実際に会って話を聞くと、そのモノは”モノ”ではありますが、作品なんだということに改めて気付かされます。

その作家さん作家さんが、一つ一つ想いを込めてつくった作品が使えるという贅沢。

そんな小さな幸せ。日日是好日。

島とうがらしが手に入ったのでコーレーグースをつくっていろいろ使ってみた話

島唐辛子が売られていいたので購入してみました。

きれいな赤色。よく本州で見かける唐辛子よりも短いかな。旬は9月〜11月くらいなんだそうですが、結構はずれた時期でも、ファーマーズに行けばあったりします。

これを、沖縄では有名なコーレーグースにしてみようと思います。

 

コーレーグースというのは、島唐辛子泡盛に漬け込んだもの。

ピリ辛で、七味と同じような使い方ができるものです。

沖縄のお土産屋さんではよく見かけますね。

わしたこーれーぐーす 150g

わしたこーれーぐーす 150g

 

沖縄料理屋さんの卓上には、それこそ七味さながら、常備されている姿をよく見かけます。

島唐辛子コーレーグースをつくる

そして作り方は、ほんまにまんまです。

 

ヘタを取った島唐辛子泡盛に漬け込みます。

この時島唐辛子は1〜2日ほど天日干しすると旨味が凝縮されるという話もあるそうです。

泡盛は、ご近所の神村酒造の守禮をつかいました。たまたま家にあったもの。

泡盛 神村酒造 守禮 30度 1800ml

泡盛 神村酒造 守禮 30度 1800ml

 

2ヶ月ほど漬け込めば完成とのことですが、このように▼色が変わってきたら、島唐辛子の辛みが泡盛に移った合図。

使ってなくなれば、また泡盛を足せば何度でも使えます。

島とうがらしの色が抜けて、白っぽくなってしまったら、もう辛みは抜けきったということです。島唐辛子は、ここで初めて役目を果たします。

 

注意したいのは、入れすぎると、料理の味が変わってしまうほどインパクトのある味なので、入れすぎ注意。

また、泡盛ですので、これを食べて車に乗ると、場合によっては酒気帯運転となるので注意しましょう。

コーレーグースの使い方

沖縄系料理ならなんでも合うといっても過言ではありません。そのほか、ちょっと甘めの料理にも、アクセントになっていいですね。

ゴーヤーチャンプルーにかける

https://www.instagram.com/p/BWhePiqHUCw/

沖縄を代表する郷土料理ゴーヤーチャンプルーです。合わないはずがございません。

ゴーヤーチャンプルーの味に飽きて来たら、ちょこっとコーレーグースをかけましょう。爽やかな泡盛の香りと、ピリ辛感が加わって、これまた美味しく仕上がります。

ちなみに、沖縄に旅行に来ていた時代は「ゴーヤーチャンプルーって、お店で食べても全然美味しくないねんけど」と思っておりましたが、それは行く店が悪かっただけでした。

普通に地元の人が行く食堂なんかに行けば、本当においしいゴーヤーチャンプルーにありつけます。

沖縄は住んで思いますが、住む方が楽しい地域だと思います。

ヘチマの炒め物

https://www.instagram.com/p/BXkekgBHftS/

こちらも沖縄では結構ポピュラーな料理。ヘチマとお肉の炒め物です。

ヘチマは小学校の頃から、お風呂で使うタワシくらいにしか思っていなかったのですが、こうやって食べられるということを知り、驚きました。

結構あっさりして、冬瓜よりもちょっとシャキシャキした瓜といったところでしょうか。意外とイケて、繊維っぽさもあまり無い事に、これまた驚いた次第です。

こちらも、ちょっと辛みと爽やかさが欲しければコーレーグースをかけましょう。おいしいです。

三昧豚の煮付け

https://www.instagram.com/p/BXptl0PHryj/

 

豚肉が大量に出回っているのが、沖縄スーパーの特徴じゃないかなと思います。(もしくは米国産牛肉)それも、ただのロースとか肩とか、そんなレベルではありません。

耳から手から顔から、モツまで。豚肉ってこんなに食べられる部分があるのかと驚きました。

三昧豚は良く見かけます。こちらを甘めに炊いていただくのですが、こちらにもコーレーグースはいかがでしょうか。

甘みだけでなく、ピリ辛感も加わると、そのギャップがまた美味です。

タコライス

https://www.instagram.com/p/BYK9QH5Hmnv/

タコライスも沖縄のソウルフード的存在ですね。美味しいので、我が家ではサルサソースがある時はよくタコライスが登場します。

こちらにもコーレーグースをかけてみましょうか。サルサソースと若干カブった感は否めませんが、さらに爽やかさがプラスされる感じです。

鶏肉の甘煮

 

https://www.instagram.com/p/BbY_HoAH0Uv/

久々に鶏肉を炊いてみました。これは、豚の三枚肉煮込がいけるなら…と思ってコーレーグースをかけてみましたが、それも行けますね。

辛み要員です。

フーチャンプル

https://www.instagram.com/p/Bbg0oYAnczx/

沖縄ではお麩およく見かけます。この麩と豆苗でフーチャンプルーです。

こちらもコーレーグースを加える事で、新たな時代を切り開いた感があります。

麻婆豆腐

こちらも、想像どおり、結構いけました。

豚肉ともやしの甘辛チャンプルー

 

https://www.instagram.com/p/BcUM0AznVR7/

そろそろお気づきかとも思われますが、チャンプルーとは、混ぜる的な意味あいがあります。混ぜた炒め物なら、なんでもチャンプルーと言っても大丈夫そうなおおらかさが沖縄にはあると感じます。

豚にんにくの生姜蒸し

https://www.instagram.com/p/Bdzin16HODm/

こちらは、お昼ご飯の時にみている孤独のグルメにて五郎氏が食べていたものを再現してみたいという事です。

こちらも、元があっさり系にんにくの香りがガンガン系なので、コーレーグースのように個性のある味にもいい具合にマッチしていい感じでした。

大城てんぷらのアオサてんぷら

https://www.instagram.com/p/BeAeIZ9njSg/

沖縄にも、”てんぷら”という名の食べ物は存在するのですが、これが、本州で想像するような天ぷらだと思ったら、大きな間違いですし、大失敗をします。

これは、また所謂天ぷらとは一線を画した存在ですのでご注意ください。

アメリカンフルト。そうですね。そんな感じです。衣がしっかり主張してくる感じです。

”具”と”衣”のコラボを楽しむ食べ物ですので、間違っても「衣が厚いすぎて微妙である」という判断はしない方が、沖縄天ぷらを楽しむ事ができるでしょう。

 

そしてこちらの天ぷらは、私の大好きな南部にある大城てんぷら店 の天ぷらです。

中でもこちらのあおさ天ぷらは絶品。おつまみにピッタリ。磯の香りがとめどない天ぷらです。

注:もちろん、その実態はほとんど衣です。衣の味を楽しむのが沖縄流です。

 

こちらも、是非コーレーグースをかけてみましょう。すでに泡盛を飲んでいるのにも関わらず、ピリ辛泡盛コーレーグースをかけてしまうと、もう泡盛×泡盛で、祭りになる事間違いなしです。

大城てんぷら店  

 

 結構なんでもいけた 

以上のように、結構なんでもいけるという事がわかりました。

これらはあくまで氷山の一角。きっとまだまだ世界は大きかろう広かろうですが、今回はこの辺で。

コップや蕎麦猪口でつくるレンチンでマグカップケーキ:いろいろな種類を作ってみた話

我が家は現在レオパレスなのでレンジしかありません。(エントリ**

 

ちょっとした焼き菓子というか、パウンドケーキというか、おいしいおやつを、手軽に食べたいと思って調べてみたところ、ヨーロッパで人気のレンチンで作れるカップケーキがあるようです。

カップの中で材料を混ぜるので、洗い物が増えることもないようで、これは私向きのレシピだと思い作ってみました。そしてアレンジしてみました。というお話。

Mug Cakes マグケーキbook

Mug Cakes マグケーキbook

 

混ぜるだけのレンチンマグカップケーキレシピ

我が家にはマグカップというものがありません。取手がかさばって邪魔なので、コップの代わりに蕎麦猪口を代用品として使っています。よって、ここでも蕎麦猪口を使用したいと思います。

またここでは、以前にいろいろ楽しんだ金柑コンポート(エントリ***)を使ってココア金柑カップケーキでご紹介しています。

 

ココア金柑カップケーキ材料(1蕎麦猪口あたり)

大豆粉か全粒粉:大さじ2

きび砂糖:大さじ1.5

重曹かベーキングパウダー少々

ココアパウダー:大さじ1

卵:半個

オリーブオイル:大さじ1

牛乳か豆乳:大さじ1

最後にのせる金柑コンポート:二つほど

 

卵半個など、少々わかりにくいですが、いつも2カップを一気に作っていたので、結局は卵1個分を使用しています。

ふくらし粉である、重曹かベーキングパウダーは、入れすぎると膨らみすぎるので本当に少々にするのがオススメです。

また、糖質管理をしている関係上、家にストックしている粉物がどうしても大豆粉や全粒粉(GI値の関係で)になっています。もちろんベーシックな小麦粉でも作れます。わざわざ大豆粉や全粒粉を買いに走る必要はありません。

 

まずは粉物(大豆粉・きび糖・重曹・ココアパウダーまで)を蕎麦猪口カップに入れて(左)これらがしっかり混ざり切るまでカップの中で混ぜます(右)

次に水物(卵・オリーブオイル・牛乳)をカップに入れて(左)これらもしっかり混ぜます(右)これで生地は完成です。

 

粉物がしっかり混ざってから水物を混ぜた方が、これら材料がしっかり混ざります。粉物を混ぜる前に水物を混ぜてしまうと、しっかり混ざる前に、粉が水分を含んでしまってダマダマになってしまいますので、ご注意ください。

 

この蕎麦猪口に入った生地ですが、上に何も乗せないのであれば、このままレンジで600W約3分ほど回してもらえれば、ふかふかに膨らんで完成します。

しかし上に、何か実などを乗せたいという場合は、そうは問屋がおろしません。

私も何回か失敗した結果、以下のやり方が一番理想に近いかな、といった感じです。

 

まず、何も乗せない状態で、600W 1:30分ほど回します。

厳密には、蕎麦猪口の8分目くらいまで膨らんできたあたりが理想です。

 

8分目くらいまで膨らむと、表面がある程度固まっています。

そこで手早く金柑の実を乗せるのです。

すると、こうなりますので、

そこからさらに最後のひと回し、残りの1:30ほどを回してもらえれば、

こうなります。

 

つまり”ちゃんとケーキの上に金柑が乗っているよ”といった形に仕上がります。

はじめこのカラクリに気づかず金柑を乗せた状態でレンチンしたところ、完成形では金柑がケーキの奥深くに潜り込んでしまい、摩訶不思議な状態になってレンジから出てきました。

次にやったときは、ぼんやりしすぎて加熱しすぎてしまい、カップケーキが完全に完成したために、金柑がうまく乗らない(完成したカップケーキから滑り落ちる)状態になってしまいました。

よって、八分目が一番です。

いろんな種類のカップケーキを作ってみた

楽さに感動した私は、冷蔵庫にあるものを混ぜ込んでいろいろとアレンジしてみたということです。

大学芋を使ったさつまいもカップケーキ

材料(1蕎麦猪口あたり)

大豆粉か全粒粉:大さじ2

きび砂糖:大さじ1.5

重曹かベーキングパウダー少々

きなこ:大さじ1

卵:半個

オリーブオイル:大さじ1

牛乳か豆乳:大さじ1

カットした大学芋:少々

ごま:少々

 

以前つくった大学芋をカットして混ぜ込みました。ホクホクさつまいもがとても美味しい。少々ごまを混ぜ込むことで、程よい香ばしさがあるのもよいです。

作り方は、ほとんど同じです。最後にカットした大学芋とごまを混ぜ込むだけ。

ミックスベリーのココアカップケーキ

材料(1蕎麦猪口あたり)

大豆粉か全粒粉:大さじ2

きび砂糖:大さじ1.5

重曹かベーキングパウダー少々

ココアパウダー:大さじ1

卵:半個

オリーブオイル:大さじ1

牛乳か豆乳:大さじ1

冷凍ミックスベリー:少々

 

こちらは、最初のココアカップケーキにミックスベリーを混ぜ込んだだけのものです。程よい酸味とジューシーなベリーの感が、ココアにとてもよく合いました。

注意したいのが、冷凍ミックスベリーを使っているので、レンチンの際に少々熱の通りが遅く感じることでした。よって、少し長めに加熱したわけですが。しかし、混ぜ込むときに、常温に戻す、などの工夫があると、よりうまく仕上がるかもしれません。

ベーコンとパセリとコーンのおかずカップケーキ

材料(1蕎麦猪口あたり)

大豆粉か全粒粉:大さじ2

きび砂糖:大さじ1

重曹かベーキングパウダー少々

きなこ:大さじ1

卵:半個

オリーブオイル:大さじ1

牛乳か豆乳:大さじ1

軽く炒ったベーコン:少々

刻んだパセリ:少々

コーン:少々

 

こちらは、行きつけの喫茶店エントリ***)でカップケーキの話をしていたら、定員さんが教えてくれたアレンジです。

おかずカップケーキ。思いもつきませんでしたが、これがなかなか。朝ごはんにも美味しいです。

コーンのほどよい甘みと、パセリの香りがとてもよいです。

 

ちょっと注意したい事

私はふくらし粉にベーキングパウダーではなく重曹をつかっていたのですが、

重曹は、入れすぎると言いようのないアルミでも噛んだような苦味と不味さが出てしまうので注意してください。少々膨らまずともカップケーキはできるので、本当に、少々程度入れるのが得策です。

 

参考

マグカップケーキ

マグカップケーキ

 
Mug Cakes マグケーキbook

Mug Cakes マグケーキbook

 

locari.jp