実はハイビスカスティーの原料である「ローゼル」をジャムとゼリーにしてみた話。

近くのファーマーズ市場でローゼルなるものをみつけました。

なかなか得体の知れないシルエットですが、直売所のPOPを読んでみると、華やかな甘い香りで、少し酸味があるようです。

そしてこのローゼル、実はハイビスカスティーの原料なんだそうです。

 

逆に、今までハイビスカスだと思って飲んでいたハイビスカスティーが、一体何だったのかと混乱しそうになりましたが、とてもわかりやすく味のイメージができましたのでよしとしました。

 

直売所のPOP曰く、ジャムにしたり乾燥させてハイビスカスティーとして飲むのがいいとのことなので、やってみたお話です。

ローゼルジャム

もともとブログにする予定がなかったので、経過をとっておりませんが、想像以上においしかったので、ブログにて紹介することにしました。

 

ローゼルの形はちょうど鬼灯(ほおずき)と同じ感じです。鬼灯のオレンジに染まる“がわ”の部分をジャムにするイメージです。

 

ローゼルのヘタを切り落とし、中の丸いタネを取り出し、その赤いタネを覆っている部分を、甘く炊いてジャムにします。

 

そうするとこうなります▼

香りは確かにハイビスカスティーでした。

 

そして、このジャム、めっちゃおいしい。

 

ハイビスカスというか、もはやローズのような、華の香りがとても爽やかです。ここに甘みが加わって、バランス良い感じ。大人のジャムです。

ヨーグルトにかけました。美味しかった。

 

その勢いでゼリーにした。

WECKのキャニスターに入りきらなかったジャムの残りをゼリーにしてみました。

少し、深いボルドー色になってしまったのが残念です。

もっと明るい赤なら、インスタ映えするのに。明るくする方法、あるんだろうか。

しかし味はおいしい。たまに、ローゼルの果肉部分にあたって、シャキシャキした歯応えもとてもよいです。

 

今の時期、沖縄ではよく見かけます。

蟻がたくさん入り込んでいるローゼルもあるので、購入の際は注意して選びましょう。

毎日シャンプーリンスを使わない:湯シャンのすすめ。経過:約半年

我が家では、漫画ゆうきゆうシリーズを愛読しております。

ダイエットでは主人が本当にお世話になりました。(詳細エントリこちら

(ゆうきゆうさん糖質制限ダイエットの本はこちらこちら

 

今回は、このゆうきゆうシリーズに、湯シャン編があったので挑戦することにした時の話です。

マンガで分かる肉体改造 湯シャン編 (ヤングキングコミックス)
 

最新の研究結果に基づいており、さらに漫画なのでとてもわかりやすいです。おすすめ書籍。

f:id:tama222111:20171205174344j:plain

PHOTO by https://pixabay.com/

ちなみにこの話は、よくあるこういうの↓とは違います。

湯シャンのすすめ

湯シャンのやり方

・お風呂に入る前に、ブラシ(できれば動物の毛でできたものか、つげ櫛などが良い)で髪を100回くらいとく。この時、頭皮には当たらない方がよい。

・(できれば)綿の手袋で、髪をお湯で洗っていく。この時、頭皮はむやみにこすらない。

・髪を乾かして、完了。

 

※ちなみに私の髪は、ミディアム・黒髪・パーマのみかけています。

湯シャンの仕組み

人の肌にはあらかじめ、悪性の微生物(悪臭を放つ・皮膚が荒れるなど)と、良性の微生物(悪臭を消してくれる・腫れを抑えるなど)がいるようです。

この、良性の微生物を増やせられれば、頭皮から異臭を放つこともなく、元気な頭皮と髪が保たれる。という考え方です。

日頃使っているシャンプーでは、必要以上に汚れを落とし、頭皮に必要な微生物や油分まで落としていることになります。

また、入浴前に髪を豚毛ブラシなどでしっかり解いておくことで、キューティクルが保たれ、汚れもある程度落としてくれます。

お湯である理由

肌断食と近しい考え方でもあるのですが、通常市販されて使っているシャンプーでは、この良性微生物まで殺してしまい、頭皮と髪の健康が保てなくなります。 

そこで、微生物を殺さない、お湯を使うということです。

お湯でも十分髪についた汚れは落ちるようです。

ブラシと綿手袋の役割

お湯だけでも汚れは落ちますが、ブラシと綿手袋も髪を清潔に保つために一役買ってくれます。

ブラシ:しっかりといておくことで、髪の奥にまで入った汚れを浮き出し、洗い流しやすくしてくれる。さらに、髪のキューティクルを整えて、艶のある髪にしてくれる。

綿手袋:お湯で洗い流す時に、綿手袋を使うことで、手袋が汚れを絡みとってくれる。なにより、手に髪が絡まらず指通りがいいので、サラサラ洗えるので楽です。しかし、こちらはできればで良。

湯シャンした結果

結果

こちらも肌断食同様、はじめは髪がバサバサになりましたが、適応してくるとさしてきになるほどのバサバサは感じられなくなりました。

むしろ、パサパサに乾燥した感じはなくなり、常に艶のある風になってきています。

また、豚毛ブラシを使っているからか、髪はさらに艶ありトロンとしてきているように感じます。

私の湯シャンの頻度

とはいえ365日毎日シャンプーを使っていないわけではありません。その時期の気候や行動、汗を多くかいたかどうかによって、髪の状態は日々変わりますし、汚れの状態も変わります。

慣れるまでは、無理矢理1ヶ月に2回にまで減らしていましたが、慣れてきてからは、髪の状態を見て、一週間に2回洗う時期もあれば、1ヶ月に2回のままでも大丈夫な時期もあります。気分や髪の様子をみながら、適当にしています。

またシャンプーする時も、なるべく頭皮の良性微生物を生かすように、肌に優しいシャンプーを使うようにしましょう。

私の場合は、有用微生物群:EMのシャンプーリンスを使用しています。これらは値段もリーズナブルで重宝しています。

私が湯シャンで使っているアイテム

豚毛ブラシ 

池本 KNH2628 KENT トリプレックスブラシ 豚毛やわらか3段  大

池本 KNH2628 KENT トリプレックスブラシ 豚毛やわらか3段 大

 

有名なKENTの豚毛ブラシです。私は髪が細くてやわらかなので、「柔らか」ブラシを使っています。ちなみに主人は「普通」でないとブラシした気がしないとのことで、もう一つ強いブラシを使っています。

また、豚毛ブラシは水気に弱いので、あまり頻繁に洗浄することができません。そこで、ブラシの掃除はブラシクリーナーを使います。

ブラシは1〜2日分の髪をといただけで埃だらけになってしまいます。髪ってこんなに汚れているのかと驚くほど。ブラシクリーナーは毎日かかせません。

レデッカー(REDECKER) ブラシクリーナー 7.5cm 687000

レデッカー(REDECKER) ブラシクリーナー 7.5cm 687000

 

綿の手袋

こちらはできればということで、はじめは素手で洗い流していました。素手でも十分なのですが、やはり綿手袋をつけた方が、髪の指通りがよく、無理に髪を引っ張ることもなく、髪にはいいようです。

純綿100% コットン手袋 12双組 Mサイズ

純綿100% コットン手袋 12双組 Mサイズ

 

アマゾンなどでも販売しているようですが、 私はメルカリで格安で購入しました。

シャンプーとリンス

私が使っているシャンプーとリンスは、こちらのシャボン玉EMシャンプー類です。

「頭皮にいる良性の微生物をなるべく殺さないように」という視点で、せっけんシャンプーかつ、有用微生物群で有名なEMのシャンプーです。

EM商品には様々なものがありますが、それぞれ使用箇所に合わせて、含まれている微生物の種類も少しづつ変えているんだとか。

つまり、頭皮に有用な微生物が入ったシャンプーなら、それに越したことはないということです。値段もリーズナブルなのが嬉しいです。

シャボン玉EMせっけんリンス(520ml)
 

さらにプロハーブタイプもあるので、こんな安物のシャンプーリンスでは心配な方はこちらもおすすめ。

プロハーブEMヘアシャンプー500ml 【2本セット】

プロハーブEMヘアシャンプー500ml 【2本セット】

 

湯シャン・肌断食で不必要に神経質ではなくなった

賛否両論あるかとは思いますが、私はなかなか気に入っています。

我が家は外泊が多いのですが、都度神経質に手入れせずとも、綺麗に保てるようになりました。さらに、旅行の際も荷物が少ない。化粧品やシャンプーに必要以上にかけるお金が浮く。など、メリットはたくさんあるように思います。

 

その代わり、注意していることは食生活です。

肌や髪に良い食べ物をしっかりとっていれば、肌や髪は本来の力を発揮して、綺麗に艶やかに保ってくれるのです。

化粧品やシャンプーで浮いたお金を食事に変えることで、綺麗を保ち、健康にもなれるので、しばらくこれで行こうと思っています。

月桃を余すところなく使い切ってみた話。

沖縄の那覇にほど近い浦添の港川というあたりに、外人住宅が立ち並ぶエリアがあります。そちらに、気に入って近頃通っているカフェがありまして。

 

沖縄の伝統的な山羊料理を現代風にアレンジしたカレーやハンバーグ、ハイジを連想させるふわふわの白パン、焼きたてスコーンなどとても美味しく、オーナーの夫婦の雰囲気もやわらかでとても素敵なのですが…。 

 

先日カフェのオーナーと話しているうちに「すぐに育つからいいよ〜。持って行って〜。」といって、月桃の枝を2振りほどいただきました。

https://www.instagram.com/p/BaGfml-n_WH/

 わかりますでしょうか?ベンチ並みにデカいです。

とりあえずゴルフバッグよりはデカいです。

家に帰ればドア1つ分くらいのサイズでした(葉を広げたサイズ)

そんな月桃を、分解して余すところなく使い切ってみた

月桃は、ショウガ科。沖縄では、葉に餅を包んで食べたり、お茶にしたり、道やドアの隙間に敷いて、ネズミやゴキブリ避けにしたり(本当に避けるか、真偽は定かではありません)様々に使っているようです。

沖縄初心者の私も、試してみようということです。

実と葉と枝で、分解する。

月桃はこのように赤くかわいい実をつけるそうです。

ちなみに、花は白く肉厚で、天ぷらにすると美味しいんだとか。時期的に花は落ちてしまっていたので、今回は実を使います。

実の部分だけをカットして乾かしていくと、パクリと裂けて、中のタネが出てきます。色があざやかで綺麗ですね。鬼灯みたい。

 

次に葉と枝です。

1葉、80cmくらいにはなるのではないでしょうか。大きすぎて置く場所にもこまるので、とにかく少しでも小さくしていこうと思います。

 

枯れている部分を切り落とし、葉は半分にしてみました。あと、そのまま勢いにのって、枝の部分、実の枝の部分を分解します。

カゴにたっぷり収穫できましたね。夫婦二人で消化しきれるのか不安になるやつですが、どうなることでしょうか。

こんな感じで揃いました。

数日かけて乾かして、完成。

幸い、天気が続いたので、数日かけてこれらを乾かしてみました。乾かさずとも使えるのですが、乾かした方が、カビも生えず、長く保管ができるとの考えからです。

実:お茶にする

かなりの実が乾燥で、裂けています。とてもかわいいですね。

これらは、橙色の皮は剥かずに、そのまま湯を通せばお茶になるようです。

私は念のため、端の干からびた部分だけ切り落としました。

葉:細かく切ってお茶にしたり、何かを包んで蒸し焼きにしたり

こちらは、お茶用に小さくカットした葉の写真ですが、他にも、大振りにカットして保存しているものがあり、それらは何か食物を包んで蒸してみようかと思っています。

枝:用途不明ですが、湯船に入れて月桃風呂など嗜んでみようかと

枝の部分は強すぎて食べるとかお茶にするとかそういうやつじゃなかったので、とりあえず無理やり割っておきます。湯舟に入れると月桃風呂になるらしいので、それに使おうと思います。

月桃を余すところなく使い切る:実践編

葉でお茶を作ってみる

ベーシックな月桃の使い道としては、やっぱりお茶です。まずは、葉の方でお茶にしてみる、その前に。

 

そもそも月桃がどんな味かわからないのでは、ちょっとアレなので、販売されているものがどんな味なのか試してみました。

https://www.instagram.com/p/BaIjp5vH3S6/

こちらは石垣島で自社のハーブ園で育てた無農薬栽培のハーブショップガーデンパナ (≫トリップアドバイザー)にて購入した月桃茶。月桃の葉のみで作られたお茶です。

ショウガ科なだけあり、ずばり、ショウガです。しかし実際のショウガのようなピリ辛さはなく、マイルド。香りはショウガ。という、不思議なお味。

体がポカポカしてきそうです。(あとで調べてみたら、実際にするそうです)

 

では、実際の商品をテイスティングしたところで、手作り月桃茶の登場です。

急須に茶葉を入れて、しばらく待ちます。

いい色が出てきました。

ガーデンパナ の月桃茶と近しい、マイルド味のショウガ茶が完成しました。

ただ、葉を乾燥させただけで、売られている月桃茶と同じようなのができるなんて、嬉しいですね。

葉で何かを巻いてみる

沖縄ではお祝いの席で、餅を月桃の葉で包んで蒸したり、お肉を蒸したりする…という話を聞いたので、私はとりあえず、にんにく味噌漬けに漬け込んだブリでも蒸してみようかと思います。

葉をよくあらいます。

にんにく味噌漬け(下味つけた)具を乗せます。

くるりとまいて、爪楊枝でとめてみました。

葉が肉厚でとても丈夫なので、つまようじで刺そうが、無理やり曲げようが、少々手荒なマネをしたところで、全く動じません。

さすがショウガ科の月桃。ショウガっぽいスパイシーな香りがたっていますが、実際のショウガほどキツくありません。少し甘い、やわらかなショウガの香り。

通常のにんにく味噌漬けより、さらに立体的な味になったように思います。とても美味しい。

なお、被せていた葉の部分は邪魔なので切り落としました。

 

ちなみに、月桃の葉で巻かれているお菓子で有名なのは、首里近くにあるぎぼまんじゅう(≫トリップアドバイザー)というおまんじゅう。

美味しいということでウチナーさんからも人気で、京都の友人までも一時期取り寄せていたとか聞いた時は、ちょっとびっくりしました。そんなに美味しいのでしょうか。気になります。

見た目はまるで、肉まん。表面に赤く「の」の字が書かれています。見た目のインパクトもなかなかです。

http://www.ryukyujima.net/images/photo_shop_big/042817photo_top.jpg

いってみたい。 

ぎぼまんじゅう  

 

ノニの葉を手に入れたので乾燥させてみた話。

ひょんなことから、ノニを手に入れました。

 

ノニとは、ヤエヤマアオキの事で、

ダイエット・美肌・健康などに効果があるとかないとか。

ノニの効果効能と副作用。免疫力をUP、ダイエットにも役立つ! | 女性の美学

 

沖縄でも取れるそうなのですが、沖縄の方は苦いのであまり食さないようです。

 

調べてみると、乾燥させて、茶葉っぽくしようかと思いました。

 

肉厚な葉なので、乾燥にも時間がかかりました。

ある程度乾いたのでカットします。

とりあえず、お茶っぱの袋に入れてみる。

 

沖縄の方の話によると、お茶にするには苦くて苦くて飲めたものではない。とのことなので、

そうだ。黒酢に漬けよう。

ということで、最近始めた黒酢生活の一貫にノニも加えることにしました。

黒酢の話はまた次回。

沖縄が大好きな彼女と私と。

先日久々に大学の友人から電話がありました。

 

友人同士でも、ほとんどのやりとりがLINEである中での突然の電話。

拍子抜けしながら受話器を取った先から懐かしい声が響きます。

 

どうやら、沖縄に住んでいる私の様子が聞きたかったみたい。

 

徳島県出身の彼女は、大学時代から大の沖縄好き。

話を聞くと、沖縄のCMが流れたり、方言を聞くだけで顔がニヤけてくるほどとのこと。

沖縄の苗字も大好きで、憧れるんだそう。

好きで好きでたまらない事が、受話器越しにも伝わります。

 

前から好きとは知っていたものの、そんなに好きだったのかと少し驚きました。

 

私も住んでから特に沖縄が好きになりましたが、それでも、彼女ほどではない事だけはわかります。

 

気移りしやすき私にとって、一途に何かを好きでい続ける力は、憧れさえ抱きます。

何かをそんなに好きでいられる彼女が、羨ましく思えます。

 

彼女は言います。

「私も沖縄大好きなのに、近頃は仕事が忙しくて行けてない。かたや、大学の友人のあなたは沖縄に住んでいる…この違いって何なのかなぁ?と考えてたんよ。」 

 

私の場合は、主人の事もあって、こういった恵まれた環境に身を置くことが出来ました。

でも、環境や様々な事が原因で、住みたくても住めない人だっている。

 

ほんとに巡り合わせって不思議。

 

そして、改めてこの環境に感謝しました。

 

 

 

 

そんな事を思いながら、人生初のゆいレールに乗って、那覇空港から京都へ暫し帰省します。

f:id:tama222111:20171030110309j:image

 

久々に会う家族、友人。あと、お茶会に行けるのが、本当に楽しみです。

家事の時短:実践編

近頃の私のテーマは、家事の時短です。

 

時短に関する本を数冊読みました。近頃の家事は、かなり考えや技術や工夫が進んでいるのですね。主婦たちの工夫力には本当に関心します。

 

今回は、そのうち特によかった以下2冊▼を参考に、実践した内容の話です。

3人子持ち働く母の 「追われない家事」

3人子持ち働く母の 「追われない家事」

  

キッチン編

調理法×食材のレシピリストを作る

こちらは、3人子持ち働く母の「追われない家事」を参考にしました。

毎日の料理を迷わなくてもいいように、調理方法×食材でまとめたリストです。過去に作ったことのあるレシピや、得意なレシピを表にまとめます。

f:id:tama222111:20170913150017p:plain

これをリスト作ることによって

・レシピに迷わずに済む

・献立が立てやすい

・思い出さずとも書いてある

・同じ食材でも、調理法を変えることでマンネリ化しない

・同じ調理法なら、使う道具も同じな事が多いので、一気につくれて時短になる

 

私はこれをグーグルスプレッドシートに入れて、いつでもどこでも、スマホから確認できるようにしています。

ネットスーパーの食材をカテゴリーごとに分けておく

こちらは、ロジカル家事が参考です。

ネットスーパーでなくとも、実際のスーパーの買い物でも、自分が買っているものって結構決まっています。

先にカテゴライズさせて、登録しておけば、すでに絞られた中から商品を選ぶ事ができるので、ネットスーパーでの買い物においては、大きな時短になります。

f:id:tama222111:20170913145805p:plain

さらに、ロジカル家事では、よかった購入パターンを分析して登録するまで精査できれば完璧!という事でした。

それは、今後、突き詰めて行きたいと思っています。まずは、カテゴライズまで。

野菜が入ったら、おおまかに下ごしらえだけしておく

「洗う・切る」という2工程も必要になる野菜は、調理する都度にするのではなく、それらをまとめて下ごしらえします。

下ごしらえをし、ストックする方法は主に3つ。

・冷凍保存

玉ねぎ・きのこ・人参などの、冷凍しても栄養価が下がらない(むしろ上がる場合もある)野菜は、どんどん冷凍していきます。

・乳酸発酵

こちらで以前書いたように***乳酸発酵させてしまいます。発酵食なので、保存がきき、植物性乳酸菌も摂取できます。

・酢漬け

また今度書く予定ですが、近頃黒酢を飲むようにしていて、この黒酢を湯通しした野菜にさっとかけます。ただ、この中では一番保存期間が短いので、比較的早めに食べ切るようにします。

その食材の100gがどれくらいかを調べるのに、Siriを使ってみる

我が家は、毎食「タンパク質 100g」「食物繊維など野菜 200g」を目安に食べるようにしています。また、この摂取すべき栄養を最終目標に、買い物する時の野菜の予算と、一食分の予算を割り戻しています。

ただ、特に野菜類は、先に下ごしらえをしてますので、食卓に並べる時、どれぐらいの野菜を取って、調理すればいいのかわからなくなる場合があります。

そんな時は、汚れた手で打ち込まずとも、音声でSiriに聞いてみると便利です。

ただし、聞き方は「100g〇〇何個分」という聞き方をするようにしましょう。例以下▼

まちがって「〇〇一個は何グラム」のように聞いてしまうと…

以下のように、はぐらかされます▼笑。

買い出しリストはアプリにて管理する

調理中や、ふとした瞬間に、必要な食材を思い出す事があると思います。

買い物にいく際に、わざわざ思い出したりせずとも、さっさと買い物が済ませられるように、買い出しリストは、常日頃から更新・追記していくようにします。

私はWunderlist というアプリを使っています。これなら、パソコンと同期も可能。クラウド管理なので、手元に携帯がなくても、追記やメモを残していくことができるのです。

どれくらい食料があるかをメモしておく

冷蔵庫に、何がどこれだけ入っているのか、さっとメモするようにしています。

 これをする事で、半端に残って小分けしている肉など、あとで100g分集まったらまとめて調理する。などの工夫ができます。

変に余る事なく、使い切る事が容易になるのです。

時短になる使いやすい道具を買う

あまりキッチンツールを増やすのは好まないのですが、使いやすい道具を揃える事で、調理の時短になるのであれば、買うようにしています。

こちらは、柳宗理のトング(上)と、にんにくの皮むき機(下)です。

柳 宗理 ステンレストング 穴あき 日本製

柳 宗理 ステンレストング 穴あき 日本製

 

 私はよくトングを使います。以前使っていたトングでは、小さなものが掴みにくいのがデメリットでした。今回、口コミ評価の高い柳宗理のトングを思い切って購入したのですが、口コミ評価が高いだけあって、とても使いやすい。感動。

小さな時短ですが、掴みやすいためにストレスもなく、サクサク調理が進むようになりました。

こちらは、にんにくをしょっちゅう使う我が家が愛用しているニンンクの皮むき機です。今まで、10秒ほどニンニクをレンチンして、剥きにくい皮を剥いていたのですが、それも、このツールがあれば、コロコロ転がすだけでスルスル剥けて、便利で仕方がありません。近頃の買ってよかった調理器具NO1ではないでしょうか。

美味しい調味料を常備する

ロジカル家事によると、料理を美味しく仕上げたいなら、塩分濃度・おいしい調味料・火加減にこだわるべしだそうです。

・塩分濃度を総量の0.6~0.7gにする。

こちらのブログ*でも紹介しましたが、使う調味料の塩分濃度をある程度割り出して、送料の0.6〜0.7gの塩分濃度になるように味付けをしましょう。

  しょうゆ=1/6。10:6の割合。

  みそ=1/8。10:8の割合。

  塩麹と醤油麹=1/10。10:1の割合。

・調味料が美味しければ、だいたいの料理は美味しくなる。

調味料自体が美味しいものであれば、それを使うだけで味が決まります。我が家では、にんじんしりしりや、ゴーヤチャンプル、簡単な炒め物を美味しく仕上げるのに、こちらの煎り酒を愛用しています。

だし醤油よりもさらに旨味があり、醤油・みりん・砂糖…など使わずとも、一本で済まされるのが便利です。

煎酒(いりざけ) 大 煎り酒

煎酒(いりざけ) 大 煎り酒

 

・低温調理により、素材そのものの味だけで十分美味しくなる。 

素材そのままの旨味を最大限に引き出せれば、調味料は少量の塩だけでOKという考え方です。低温調理は、蒸し物も出来るスチームオーブン・ヘルシオがいいとのこと。まだ今の所私は持っていませんが、今後揃えていきたいところです。

カトラリーはまとめて入れておく

いままで、お箸・スプーン・フォークなどはそれぞれを棚から取り出し、机に並べていました。しかし、これを一つのケースに全てまとめて入れてしまいます。

こうすることで、ケースをテーブルに置くだけで全てのカトラリーが揃うようになりました。

また、揃えるのが面倒なお箸も、全て同じ無印良品の竹箸を使っています。

洗濯編

セーター干しネットを購入する

 靴下や下着など、細かな洗濯物は、セーター干しネットにポンポンと乗せて乾かします。わざわざピンチに挟んでいく手間も省けて、とても便利。とても楽です。

洗濯物が大嫌いな私にピッタリな干し方だと思います。

積水樹脂商事 セーター干しネット SW-1

積水樹脂商事 セーター干しネット SW-1

 

浴槽の上に載せるタイプや吊るすタイプなど、様々あるので、家のお風呂場のタイプに合わせて購入するのが良いでしょう。 

ハンガーにかけたまま干し、ハンガーにかけたまま収納する

下着などの小物以外のシャツなどはハンガーにかけて干し、そのまま取り込みます。

我が家では家事時短のために、洋服の収納場所もクローゼットに変えました。そうすることで、わざわざ畳まずとも、ハンガーにかかったまま、ハンガーごと収納が出来るようになります。とても楽です。

 

今回の時短はざっとこんなところです。また、追記があれば、改めて書いていきたいと思います。

キビナゴで作るアンチョビ。

アンチョビって、家庭でも簡単に作れるのが魅力の一つです。

小魚を塩漬けして、好みの発酵具合になったら、オイルに漬け変えるだけ。

 

さらに副産物として、しょっつるナンプラー)ができるのもいいですね。

お味噌汁でも、煮物でも、少し入れるだけで旨味がグッと深まります。

 

通常片口イワシで作りますが、沖縄にはキビナゴがたくさん売られていたので、調べてみたらキビナゴでもできるとかで、作ってみました。

しかも、内臓ごと漬ける方が、コクが出ていいんだとか。

楽なので、そういうことにしました。

これで、非密閉で蓋をして、数ヶ月おいておきます。

 

出来上がるのが楽しみですね。