肌断食…成功しました(?!?!)〜3ヶ月目成功の秘訣は食事習慣にあった話〜

以前よりご紹介しております肌断食について。

タイトルにも書かせていただいておりますが…

ちょっと…これは…成功なのではないか?!(めっちゃうれしい)

 

実際にどう成功したのか〜経緯までご紹介します。

f:id:tama222111:20170713154743j:plain

PHOTO by https://pixabay.com/ja/

何をもって成功?!実際にどう成功したのか

ずばり、私はどう成功したというのでしょうか。成功の定義は?

わかりやすく箇条書きにしてみます。

風呂上がりに何もつけなくてもつっぱらなくなった

以前までは、風呂上がり何もつけない肌断食にしていると、お肌がカサカサになったり、突っ張ったり、赤らみが出たりしていました。それが今では、まったくつっぱらず、楽チン&快適です!

鼻周りのコメド(角栓)が目立たなくなった

これは、昔からの私の悩みでした。特に鼻まわりのコメド。それが、多分過去最高(?!)にブツブツしなくなりました。私にとってはめちゃくちゃうれしい結果です。

お肌を触ってもぶつぶつ・ザラザラがなくなりキメ細かくなった

これも、私の悩みでしたが、今ではほとんど目立つものがありません。もし目立つものがあるとすると…それは前日に食べたモノのせいだったりします(あとで詳しく書きますね)

肌の赤らみ・カサつきがなくなった

以前までは、Tゾーンは非常に脂ギッシュ・口元あたりはカサカサ乾燥、といったように混合肌代表みたいな私でした。それが、風呂上がりに〜のところでも書きましたように、全体的にお肌のムラがなくなったように思います。

小じわ・シミが目立たなくなった

もともと、このあたりについては疎い私でしたが、以前よりも目立たなくなっているように思います。

私の成功の秘訣

人の性格が十人十色なように、人によってお肌の状態も変わります。今回ご紹介するのは、あくまで私個人の成功例ですが参考になれば幸いです♪

1位:食事の見直し

なんといっても、大きな転換点はここだったかと思います。肌断食しているだけの時期(はじめの頃)には「夕食を抜いた方が、次の日の朝の肌の状態がいい」くらいにしか、私も理解していなかったのですが、こちらで食事の改善をしてから、コンスタントに肌の状態がよいです(うれしい!)

 

とにかく気をつけているのは

・良質なタンパク質・脂質をとる

・野菜・海藻・コトコト煮込んだ緑黄色野菜食べる(フィトケミカル摂取、善玉菌を増やす)

酵素をしっかりとる。そのための調味料変革(腸内環境整える、消化を助ける)

デトックスウォーターでビタミンCをしっかり取る

2位:よく寝る

こちらのエッセンシャル思考でもご紹介したように、人は1日8時間しっかり寝た方が、記憶力・想像力・パフォーマンスは格段に上がります。

さらに、お肌にも良い影響があり一石二鳥です。無理にでも寝るのは大切です。

3位:肌の油分を落としすぎないメイク&洗顔

お風呂に入る時に一番気をつけているのがここです。油分がありすぎるところは、お湯洗いしますが、全体的に、少ししっとり油分も残っているかな?くらいがベスト。

お湯の温度・洗い方は、石鹸を使っても使わなくても、その時々で、ご自身のお肌と相談しながらでいいと思います。ただし、合言葉は「肌の油分を落としすぎない」です。

 

とはいえ、メイクした(する)時に私が気をつけているのは、

・化粧品はなるべく湯で洗い落とせるモノ・簡単に落とせるものにする

(もしくはポイントメイクのみ・ファンデーションはパウダーのものにするなど)

・日焼け止めも、洗い落とせるものにする

UVカットもするパウダーもの・湯で落とせるものなど)

・マスカラ・リキッドアイラインなどのポイントメイクは、ホホバオイルやベビーオイルなどでポイントだけ落とす。

お肌の状態をよくする食事習慣=健康的な食事

結局、今回わかったことは、お肌の状態をよくする食事の習慣は、健康的な食生活だったんです。

本当に自分の食生活は健康的か、必要なモノを取れてるか・不必要なものを取っていないか。当たり前のようで、思った以上に実践が足りていなかったんだということに気づいた今日この頃です。

お腹はすぐに膨れます=食べられる量は限られているのです。限られた範囲の中で、何を食べて、何をやめるか、決めるのは自分次第なのですね。

 

お肌にも、健康にもよい食事を自分で選択して行きましょう♪

 

本当に、自分の食事は大丈夫か。見失いがちなこのテーマに、便利だったのは食事ログでした。またこの件についてもご紹介しますね♪

 

実践で役にたった参考書

肌断食:方法編

まずはやり方です。どういう理論の元、この方法を定義しているのか、基礎を知って実践につなげるのは大切です。

マンガで分かる肉体改造 湯シャン編 (ヤングキングコミックス)
 
「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―

 

美肌:食事法編

次は内面から。食事法。必要な栄養素や食べ方・調理法など紹介されています。非常にさん参考になりました。

食べるほど「美肌」になる食事法

食べるほど「美肌」になる食事法

 
美人を生む「美腸ダイエット」レシピ: 腸を整えればキレイにヤセる

美人を生む「美腸ダイエット」レシピ: 腸を整えればキレイにヤセる

 

 

主人を満足させる!低糖質・糖質制限メニュー 一週間!2017/6/26〜

今回もやってまいりました。私の独り言 食ログタイム。

 

かなり以前のものもありつつ。ご容赦を。笑

https://www.instagram.com/p/BV8xCi-nz0L/

昼ごはん

・お肉とニンニクの芽炒め

スクランブルエッグ

・ハンダマサラダ

 

タンパク質 卵と肉で25ほど。

先日行ったカフェでハンダマが生でも食べられることを知り買ってみました。この薬草のような風味がクセになる味。色も加わり、華やかで使いやすくていいですね。

 

 

https://www.instagram.com/p/BV9QswpHYNm/

晩御飯

・サニーレタスとハンダマの卵サラダ丼

 

タンパク質 16gほど

野菜にスクランブルエッグを乗せただけ。とても楽々で野菜がたっぷり食べられるのが魅力です。タンパク質が少なめですが、さっきプロテイン飲んだので問題なしです。

 

 

https://www.instagram.com/p/BV_WTn_nr_3/

昼ごはん

・アーモンドとドライフルーツのチーズささみサラダ

 

近頃体が重いのでボリュームサラダでメンテナンス。チーズでタンパク質もフォローできてます。

ドレッシングは生きた酵素・麹味噌と生姜たっぷりドレッシング。生姜のピリ辛感がたまりません♪

 

 

https://www.instagram.com/p/BWT2hUxHFo0/

お昼ご飯

・残り肉の炒め物

・ハンダマとサラダ菜サラダ

・わかめ生姜煮

ひよこ豆のトマト煮

 

タンパク質20gほど

ひよこ豆のトマト煮は少し糖質が高めなので、小鉢に少しだけ。

 

 

https://www.instagram.com/p/BWUnhZSHVJc/

晩ご飯

手羽元のトマト煮

・サラダ

・わかめの生姜煮

・お酒は自家製 棗×生姜シロップのハイボール

 

トマトは糖質多い野菜なので、量を調整して食べます。つまり、消費量が少ないのでしばらくこればっかり…笑。

シロップは棗の甘みを使っているので砂糖は使ってません!自家製だと調整ができるのがいいですね。

主人を満足させる!低糖質・糖質制限メニュー 一週間!2017/6/15〜

本日もやってまいりました。私の独り言 食事ログです。

 

こちら、糖質制限メニューでやっておりますが、私の大好きなお酒のアテシリーズもいつかやりたいなと思う今日この頃です。

 

https://www.instagram.com/p/BVTgs27H2n-/

昼ごはん

・鶏肉のバジル焼き

・サラダキムチ

・ゆで卵

 

タンパク質 25弱。

パッと見、少なく見えるから、主人にタンパク質計算されそうやな〜と思ってたら、案の定されました。笑

しかーし!鶏肉がめっちゃ少なく見えますが、これでもしっかり100gあります。笑

卵もあるし、ちゃんと足りております。

 

 

https://www.instagram.com/p/BVULouAg4g_/

晩御飯

ゴーヤチャンプルー

・サラダ

 

タンパク質 25ほど。

美味しそうなゴーヤ見つけたら、すぐにゴーヤチャンプルーにしたくなる今日この頃です。明日は私はラマダン(笑)なので、少し多めに作って、明日の主人の晩御飯にも回せそう♪

こういう料理は一回でたくさん作れるのが便利です。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BVWG-NdHMVH/

お昼ごはん

・ツナとちくわサラダ

・のり卵オムレツ

 

タンパク質は20gほど。

卵×海苔は、味付けそんなにしなくても美味しく仕上がり、高タンパク低糖質で最高の組み合わせです!おすすめ♪

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BVjBjrdH5NA/

昼ご飯

・イワシ味噌煮缶詰でちくわ卵とじ

・サラダキムチ

 

タンパク質は、卵、ちくわ、イワシで20gほど。

どれもアミノ酸スコア高めな食材なのでストックしてると便利ですよ♪

 

 

https://www.instagram.com/p/BVo6KzFn0Zb/

晩ごはん

・さつま芋の茎と鶏の生姜炒め

・ニラ玉

・三国酢もずく

・キムチ

・アーモンドミルク抹茶味

 

「ぐしちゃんいい菜」という名前の謎の葉を買ってみたら、なんとさつま芋の茎でした!えらいかわいい名前です。めっちゃ美味しいので、普通にもっと売り出したらいいのに。

今日は体調のために、私は少食にする日なので、量は少なめ。主人にガッツリ盛ります。笑

もずくは、生もずくに、三国酢を加えるだけで最高に美味なもずく酢の完成♪三杯酢のように調整もしなくていいので楽々です♪ 

三国寿司酢 720ml x 6本セット

三国寿司酢 720ml x 6本セット

 

 

常備している美味しい調味料セレクト〜酵素が多く・酸化した調味料を使わないために。おすすめ厳選〜

いつもの料理でも、使う調味料を少しこだわるだけで、本格的さ、旨味がグッと上がりますよね。

また、肌断食をはじめたのもきっかけで、酵素を多く含み、酸化しにくい調味料に変えたかったのもあり、今回、再度調味料を見直しました。

 

手前味噌ではありますが、笑

私の自慢の常備調味料たちをご紹介します♪

常備調味料:採用基準

料理の味を左右する調味料。自分の中で採用基準があります。

1:おいしい

2:なるだけ高栄養価

3:不足を補うもの

 

調味料は日持ちするとはいえ、長く置きすぎると酸化してしまいます。酸化した調味料ほど体に害になるものはありません。

私は、あれやこれや購入せずに、なるだけお気に入りだけに絞るようしています。

購入・作る時のポイント

調味料で注意しているのが、大量に買わない・作らないことです。

せっかくいい栄養価の高い、いいものを選んでいても、酸化してしまっては元も子もありません。でも大量にあると使い切れないのが調味料。

買う場合は小さめの瓶のものを。作る時は小瓶で少量づつ。がポイント。

常備調味料

塩・醤油:手作り塩麹&醤油麹

https://www.instagram.com/p/BV_i3tqHhxk/

麹&醤油・塩をまぜるだけで完成する醤油麹と塩麹

普通の醤油や塩+αで、麹に含まれる酵素や良質な麹菌も摂取できます。

さらに、麹によって旨味も含まれているので、これら調味料を使うだけで、普通の料理も立体的な旨味が出てきます。

醤油でおすすめなのは、京丹後の小野甚味噌醤油醸造 かけむらさきかなぁ♪

麹でおすすめなのは、やっぱりみやここおじ

詳細エントリはこちら▼

大好きな発酵調味料:塩麹&醤油麹 - 日日是好日 なにげな日記

味噌:手作り味噌

私は味噌を毎年手作りしています。

手間がかかりそうなイメージですが、炊いた大豆と塩、麹を混ぜるだけでできるで簡単。分量も、まぁまぁ適当でも結構完成しますよ。笑。

熟成度合いを見ながら、半年ほどかけて完成させていく、育てる楽しみも醍醐味です♪

 

また、手作りなので火入れしていないため、麹の酵素を生きたまま摂取できるメリットがもあります。

麹でおすすめなのは、またまたやっぱりみやここおじ

酢:三国酢

度々ご紹介してます三国酢

すでに美味しい味に仕上がっているので、これ一本で、ピクルスも、もずくの酢の物も、グッとおいしくなるので重宝しています。

デメリットは、お取り寄せが6本セットでないと送料無料にならないところ…^^;。あんまり販促してないのか、お店で見つけたらレア物です。

 

あと、たまにポッカレモンとかシークァーサー原液なども使用します。

砂糖:甘酒orラカントS

甘味料は…実はまだ検討中でもあるのですが…

ほぼほぼ、甘酒(種類は未定)か、ラカントSで確定かな。

 

甘酒は、糖質を含みつつ、ビタミン面でも、酵素面でもメリットがある。

(まだ、どこのが良さそうかは検討中。いいのがあればまたご紹介しますね〜。)

 

ラカントSは糖質0の甘味料なので、糖質OFFの我が家でも重宝♪

甘味料についての関連エントリ▼

油:オリーブオイル・ココナツオイル・えごま油

常備しているのはこの3つ。それぞれ使い方を変えています。

オリーブオイル・ココナツオイル:酸化しにくい油として炒め物などで重宝。

エゴマ油:不足しがちなオメガ3油として。アマニ油(フラックスオイル)ほど癖がなく、美味しく食べられるのでお気に入りです。最近はスーパーなどでも手軽に購入できるようになってうれしいです。

たーまに、風味使いとしてごま油も購入しています。

 

また、バターは、グラスフェッドバター。バターコーヒーや、料理の添えに。コクがあって非常に美味♪

油全般についてのエントリ▼

ドレッシング:手作りドレッシング

ドレッシングも手作りで常備していると便利♪

時々で内容は変わりますが▼基本的なレシピは、

1:油:オリーブオイル・ココナツオイル・ごま油

2:塩分:醤油麹・塩麹・味噌

3:酢:三国酢・レモン汁

4:薬味:すりおろし生姜・すりおろしニンニク・ごま、など。

以上1、2、3、4の中のどれかを選んで、混ぜるだけ。

気分や家にあるものに合わせて小瓶に作れば楽しいドレッシングの完成です♪

 

はじめは、油をオメガ3で作っていたのですが…

・オメガ3を1日に欲しい分量だけ摂取できない(どうしても少なくなる)。

・オメガ3だけとくに酸化しやすい。

以上2点のデメリットがあるため、ドレッシングとしてはやめて、普通に飲むようにしました。

特に上記デメリットが気にならない方は、ドレッシング油としてもいいと思います。

 

また、このドレッシング、肉を漬け込むタレにも非常に重宝します。

そろそろ、ドレッシングの味を変えたい!って時は、肉にの漬け込みタレとして一気に使うのがおすすめ♪

今回ご紹介した調味料たち▼

醤油

小野甚味噌醤油醸造 かけむらさき 360ml

小野甚味噌醤油醸造 かけむらさき 360ml

 

こちらの醤油の蔵元レポはこちら▼

麹:乾燥

やっぱり三国酢が一番です。ピクルスにおすすめ!玉ねぎピクルスなんてお酒のアテにぴったり♪

三国寿司酢 720ml x 6本セット

三国寿司酢 720ml x 6本セット

 

酸化しにくく、良質なのがポイント。

えごま油(170g)

えごま油(170g)

 

 

肌断食はじめました〜内面から美肌になるための食事習慣・キッチン見直し〜

先日書きましたが、肌断食はじめました。

4月からスタートし、はや三ヶ月目。

人により様々だそうですが、私はすこぶる調子がよいです。

特にここ最近、自分の地肌が好きになってきたところ。

 

「さらに内面から美肌度をあげたい!」

そう思って、我が家のキッチン(食材)を見直しました。というお話。

f:id:tama222111:20170701134546j:plain

PHOTO by https://pixabay.com/ja/

まずは肌断食:現状況

ずっと気になってた鼻のブツブツ。肌断食を始めてから、この角栓(コメド)が目立って目立って仕方ない時期もありましたが、現在は気にならない程度にまで小さくなり、さらにブツブツの凹凸も、以前よりマシになりました。

(正直、美顔器をつかっていた一ヶ月ほどの期間の方が、ひどかったです。)

お肌が健康的になってきたのかな〜と、うれしいです。詳しくはこちら▼

肌断食はじめてみました。現在約2ヶ月目〜美肌をめざして挑戦してみてる事〜 - 日日是好日 なにげな日記

お肌は腸内環境を映し出す鏡?!

お肌は腸内環境を映し出す鏡。知りませんでした。

お肌のトラブルは、そのまま腸内の状況を表しているんだとか。腸内環境を改善すれば、おのずとお肌の状態はよくなり、化粧品に頼らなくてもよくなるのです。

原因別:お肌トラブルが知らせる体内の状況と解消方法

つまりお肌を見れば、腸内がどう悪く、どう改善すればいいのかが見えてくるようです。(とはいえ、人により変わると思うのであくまで参考程度で。)

むくみ

原因:ナトリウム(塩)を取りすぎると起きやすい

改善方法:カリウムで解消。アボガド・納豆・切り干大根・青菜・バナナなどが効果的。

ひたいの吹出物や乾燥

原因:腸に老廃物が溜まっていると起きやすい

改善方法:食物繊維で腸内を活性化させてデトックス。モロヘイヤ・オクラ・ごぼう・こんにゃくなど効果的。

頬の吹出物や乾燥

原因:精製された小麦粉の取りすぎで起きやすい

改善方法:摂取量を節制する。

顎の吹出物や乾燥

原因:重たい脂の取りすぎで起こりやすい

改善方法:肉・魚・ヨーグルト、牛乳などの乳製品。それぞれの脂質は、会う合わないがあるので、少し変えてみて様子をみるのも良さそう。

しわやたるみ

原因:短期的にはタンパク質が足りておらず、張りがでない。

   長期的には、活性酸素増えて細胞を傷つけている・タンパク質の糖化(AGEs)により張りが出ない。

改善方法:良質なタンパク質をとる・抗酸化力の高い食品を摂取する・糖化を防ぐために、糖質摂取を控えたり、肉などのタンパク質を高温調理しない。など

美肌になる食事の基本

腸内環境を整えるには、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす必要があります。普段の食事から気にかけることで、改善されていくそうです。

糖質を控える

タンパク質が糖化(AGEs)して固まってしまうと、シワや老化の元に。その元凶ともいえる糖質の取りすぎには注意です。さらに血中ブドウ糖は血管を傷つけるという結果もあるそうなので、取りすぎないに越したことはありません。

糖質制限についてはこちらのエントリもご参考ください

良質の油をとる

トランス脂肪酸はもちろんのこと、酸化した油には要注意です。不足しがちなオメガ3系油は積極的にとりましょう。

油の話についてはこちらのエントリもご参考ください

良質なタンパク質をとる

肌も髪もタンパク質でできています。良質なタンパク質は必須です。

ちなみに我が家のプロテイン事情についてはこちらのエントリもご参考ください

野菜・海藻を山盛り食べる

野菜・海藻とも、良質な食物繊維がたっぷり。食物繊維は善玉菌の好物となります。また、腸内を綺麗にしてくれる効果もあるので、栄養がちゃんと吸収できる体にしてくれます。

赤・黄・緑など様々な色の野菜を取り入れて、幅広い範囲のビタミン類をとるのも大切です。また、海藻類はミネラルがたっぷり。これらは不足しがちなので、意識して山盛り食べましょう。

 

今私が実践している食物繊維ビタミンE(アーモンドミルク)はこちらのエントリご参考ください

酵素をとる

酵素も、腸内環境改善に大きな役割を果たしてくれます。火入れしていない生の醤油や味噌、日本酒などは、酵素を摂取するのに便利なアイテムです。

ということでキッチン・食事習慣を見直しました

常備する調味料

・塩→塩麹

・醤油→醤油麹

・砂糖→甘酒

・酢

・油:オリーブオイル・ココナツオイル・ごま油・えごま油

 

常備調味料見直しました。

久々に塩麹復活。醤油・砂糖も麹モノに変更。麹はビタミンB1・B7・B3など、B軍が豊富。低温摂取すれば、酵素もそのまま摂取できます。

酢は変わらずお気に入りの三国酢で♪

油は、炒め物など加熱用として酸化しにくいオリーブオイル・ココナツオイルを。えごまは生で摂取するオメガ3用。

 

調味料に発酵食品をつかうことで、日常的に無理せず酵素を摂取できます。(もちろんビタミンも)腸内の酵素を摂取すれば、腸内の善玉菌が増えます。

調味料について詳しいエントリはこちら▼

フィトケミカルたっぷりコトコトスープ

抗酸化作用や免疫力UPの効果が期待されるフィトケミカル

フィトケミカルは野菜の細胞膜を壊した後にしっかり摂取できるので、具材をコトコト煮込んだスープやお味噌汁が効果的で効率的といわれています。

 

具材にピッタリ:ビタミンAたっぷり野菜

モロヘイヤ・にんじん・春菊・ほうれん草・小松菜・菜の花・水菜・赤ピーマン・ブロッコリー・かぼちゃ(順番どおりに含有量高い)

出汁にピッタリ:野菜と一緒に食べられて出汁にもなるもの

干ししいたけ・切り干大根・乾燥わかめ(海藻)・昆布

 

出汁は、出汁具材をあらかじめ水につけて一晩置いておけば、そのまま出汁として使えます。

もしくは、具材や出汁はまとめてカットして、一食分づつ冷凍庫で保存していれば、あとはお鍋にかけるだで、朝・昼・夜、好きな時に体も心も温まるコトコトスープが食べられます。

余った野菜:発酵させて食べる

一度カットしてしまった野菜は、時間が立てば立つほど栄養価が下がってしまいます。なるだけ栄養価を下げずに食べる方法は、発酵食にしてしまうこと。

常備決定した食材に漬け込むだけで、簡単に美味しい発酵漬物になります。

塩麹漬け

・醤油麹漬け

・酢漬け

毎日摂取したい食材

同じ食品ばかり摂取していると、逆に健康によくないものも多いのですが、これらは私が忘れがち(不足しがち)な食品&たっぷり食べたい食品たちです。

 

納豆:ビタミンB2たっぷり。発酵食品なので酵素あり、最高のスーパーフードです。

えごま油:オメガ3。サラダにかけてもいいけど、そのまま飲んでもおいしい。

青菜:ビタミンA・C・Eが含まれる。たっぷり食べるに越したことなし。

海藻:忘れがち。サラダに添えるなどできるように、常備菜として置いときたい。

きのこ:忘れがち。サラダに添えるなどできるように、常備菜として置いときたい。

糖質OFF食事:こちらは引き続き。

メンテナンス食

食べ過ぎて、体内が疲れているな…と感じる時は、メンテナンス食で腸内をリセット!

我が家にはないので作れませんが、ミキサーがあればスムージーとかもいいですね。

・山盛りキャベツと青菜・わかめサラダ

大根おろし納豆

・ゆでブロッコリー、きゅうり、こんにゃくなど噛み応えのある食材

ビタミンC摂取方法

ビタミンCは壊れやすいものが多く、摂取が難しい。また、一回で吸収できる量が決まっているので、少しづつこまめにとるのが◎

ビタミンの多い食材

赤ピーマン・黄色ピーマン・ブロッコリー・こまつな・菜の花・柑橘類・モロヘイヤ・水菜。

こまめにとるならデトックスウォーター

水+レモンやハーブなどをいれて飲むドリンク。デトックスウォーター。私がやりたい組み合わせは以下のレシピ。

・水+レモン果汁+ミント(大葉・イタリアンパセリ)などハーブ

 

・水+きゅうり+ミント(大葉・イタリアンパセリ)などハーブ

・水+しょうが+レモン+ミント(大葉・イタリアンパセリ)などハーブ

これらに、クミン・ターメリック・シナモンなどのスパイスを加えるのも◎です。

 

美肌をつくる食事法・参考になった書籍

どういう栄養素・食事・調理法が必要か丁寧に書かれています。分かりやすく、読みやすくて面白かったです。

食べるほど「美肌」になる食事法

食べるほど「美肌」になる食事法

 
美人を生む「美腸ダイエット」レシピ: 腸を整えればキレイにヤセる

美人を生む「美腸ダイエット」レシピ: 腸を整えればキレイにヤセる

 

 

主人を満足させる!低糖質・糖質制限メニュー 一週間!2017/6/5 〜サワークリーム使い回し、ロシア風♪〜

もはや何日かわからなくなってきました!笑

とにかく、今週一週間はロシア風料理が多かった!

ヨーグルトを使ってサワークリームを作ったわけですよ。それを使い回すかんじで、ね!

それではどうぞ!▼

https://www.instagram.com/p/BVGqZPigst3/

・ツナの麩チャンプルーグリーン

・パプリカサラダ

・キノコのマリネ サワークリームかけ

 

タンパク質 ツナと卵で25はあるので◎

ビタミン摂取に、赤ピーマンとかパプリカが便利で仕方ない。笑

サワークリーム、初めて作って見たけどめっちゃ簡単です!!これに乗じて、ロシア料理(厳密にはウクライナかな?)挑戦したいな〜♪

 

 

https://www.instagram.com/p/BVHYO8hA7Uv/

・クリームロールキャベツ

・キノコオムレツのサラダ♫

 

タンパク質 25gはいってます。オメガ3もサラダにかけて。

ロールキャベツは、昨日のサワークリームを使ってみました。サワークリーム、すごくクリーミーでおいしい!他でも使えそう!

キノコのマリネ、私は好きだが主人からは不評。ただし、オムレツにしたらめちゃ好評。

昨日のキノコのマリネと同じの使ってるって、わかってるのかな…。。。笑

 

 

https://www.instagram.com/p/BVOYCyeHlUP/

・ビーフストロガノフ。笑

・サラダ♫

 

タンパク質25gほど。

いよいよロシアっぽくなってきましたね〜。笑

ビーフストロガノフは、小麦粉使わずパルメザンチーズで代用。しっかりコクとトロみも出ていい感じ♫

ビーフストロガノフに味がしっかりあるので、サラダはドレッシング無しでも十分食べれる。パルメザンチーズて糖質制限してると結構使えて便利ですよ〜♪

 

 

https://www.instagram.com/p/BVQ_TxondhQ/

・ツナと竹輪のゴーヤチャンプルー

・サラダ菜サラダ フェンネルデュカのせ

 

タンパク質は 25gほどはある◎

糖質制限以降、ご飯といえば、肉と野菜!が合言葉の我が家。今朝、家計簿つけながらエンゲル係数の高さにビビったところなので、今回は豚肉でなく竹輪とツナとで代用。

ほんま、神様ツナ様竹輪様 ですね〜笑。

 

 

https://www.instagram.com/p/BVRwpg2HNvq/

ボルシチ

・サラダ菜サラダ

 

タンパク質20g

ボルシチなんて、ロシアっぽいですね〜♪笑。

牛肉でボルシチにしてみました♫なかなか旨味が滲み出てていい感じ。

最後にかけるサワークリームのまろやかな酸味も美味!

主人の嫌いなビーツ使ってるから冷や冷やしたけど(笑)めっちゃ気に入ったみたいでよかった!笑 おかわりあるよ〜♫

大好きな発酵調味料:塩麹&醤油麹

https://www.instagram.com/p/BV_i3tqHhxk/

引っ越し後しばらくご無沙汰してた醤油麹と塩麹

 

成長を見守るのが、またたのしいですよね。^^。

冷蔵庫でかき混ぜながら、一週間もすれば完成。

でも、私はそれ以前でも結構使ってます。笑。

 

いろんな正式な分量とかあるけど、

案外、適当な分量でも出来ると知ってから、かなり適当にええ感じにやってます。笑

 

とはいえ!レシピ知りたい!とリクエストがあったので、ご紹介します♪^^。

塩麹・醤油麹レシピ

◆醤油麹

材料:麹・醤油・瓶

1:消毒した瓶に、麹を入れる

2:麹がひたひたになるくらいまで醤油を入れる

3:麹が醤油を吸水し、水位がさがれば、さらに醤油を入れて冷蔵庫にて保管。

4:1日に1回ほどかき混ぜて、とろっとしてきたら完成♪

  おおよそ1週間ほど(時期による)

 

醤油でおすすめなのは、京丹後の小野甚味噌醤油醸造 かけむらさきかなぁ♪

麹でおすすめなのは、やっぱりみやここおじ

塩麹

材料:麹100g・塩40g・水適量・瓶

1:麹と塩をまんべんなくかき混ぜて瓶に入れる

2:麹がひたひたになるくらいまで水を入れる

3:麹が水分を吸水し、水位がさがれば、ちょうどひたひたになるくらいまで水を入れて冷蔵庫にて保管。

4:1日に1回ほどかき混ぜて、とろっとしてきたら完成♪

  おおよそ1週間ほど(時期による)

 

塩は結局どれも塩味はナトリウムなので同じですが…強いて私が愛用しているのは、粟国の塩です。

麹でおすすめなのは、やっぱりみやここおじ

塩麹・醤油麹 使い方

普通の醤油や塩と同じ。

麹で発酵されることで、栄養価・旨味が抜群になります。

 

今回使ったもの

伊勢惣 みやここうじ四角型 200g

伊勢惣 みやここうじ四角型 200g

 
小野甚味噌醤油醸造 かけむらさき 360ml

小野甚味噌醤油醸造 かけむらさき 360ml

  
粟国の塩 250g

粟国の塩 250g