読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか、子どもができたらプレゼントしたい絵本。「手から、手へ」

Book 本

今週のお題「プレゼントしたい本」

 

 

この本との出会いは、

社会人2年目くらいだったかな。

 

わたしもちょっとづつ大人になってきて

いつか訪れるかもしれない結婚についても考え出して

”家族”について改めて考えていた時期。

「私は一体どんな家族を育てていくんだろ。」

 

***

 

幸せな家族写真と

愛の込もった詩。

 

あふれる愛がありながら、人はいつか死ぬからずっと一緒にはいられない。

 

そんな現実も優しく描かれていて

なんとなく思ったのは

「これは、いつか、子どもができたらプレゼントしたいな」

 

***

 

この絵本をもらった子どもは

なんのことだか、こんな絵本なんて。と、思うかもしれません。

 

自己満かもしれませんが、それはそれでいいんです。

 

 

家族となると、

照れくさくて、なかなか伝えられない”愛の言葉”を伝えるのに、

私がよく使うのが詩や絵本。

 

「もっとちゃんと、伝えればよかった」と後悔するのだけは嫌。

 

それなら、自己満でもいいから、

”絵本をプレゼントする”という形で、伝えられたらいいな。と思うのです。

 

手から、手へ

手から、手へ