読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな服だけあるワードローブに憧れて…持っている服を一度すべて書き出してみた。

Beauty 美 Home 住

タイトル通りになりますが、

好きな服だけあるワードローブに憧れてます。

 

オシャレはしたい!

服が全然なくてすっからかん。ってゆうのが正義とまでは思っていない!

でも、無駄な服は処分したい!

つまり、本当にオシャレで使える服だけにしたい!!

 

こんな女子のわがままを叶えるべく、

一度、持ってる服を全て書き出してみることにしました。

 

持ってる服を書き出す「ワードローブノート」作りのメリット

どれだけ大量の服を持っているかが可視化しギョッとなれる

いやいやいや。意外と山盛り服持ってますよ。私たち(いや、私か?)。

TPO変わるごとに着替えたいですもんね。

それはそうですが、それにしても多すぎてギョッとしちゃいますよ。

TPOで着替えつつ、着回しつつ、内容も質を高くしていきたいものです。

同じような服を買っちゃう衝動買いリスクが回避できる

これ、よくやっちゃうんですよね。

つい好みの服を買うから、同じような服ばっかりになっちゃう。

でも、書き出しをして写メとかで持ち歩いていれば、次の買い物で、間違って同じようなものを買っちゃった!なんて失敗もなくなります。

買う服が、家の服と共にコーディネートできるか検討できる

あと、単体で服を買うと、家の服と合わない場合がある。

ディスプレイの服がかわくて買ったものの、それに合わせられる服が家にない悲劇…。

もう、ディスプレイのコーデ丸ごと買わなきゃ行けないじゃん。。。トホホ…。

 

持ってる服を書き出すコツ

ジャンルごとに書き出す

ジャンルごとに分けることで、同じ服をどれだけ持っているか把握しやすく、取捨選択しやすいから。

絵はある程度でOK

服の絵の精密さを重視しすぎて、書き出しが進まないならザックリでOK。とにかく進める。パッと見て、どんな服だったかを、自分が思い出せるぐらいでOK。

色もつけてみる

色をつけることで、偏ってるかどうかがわかる。漠然と「足してみたかった色」があった場合、検証するのに便利。

素材も書いてみる

同じシャツでも、麻なのか綿なのかウールなのか、で用途は大きく変わってきます。それによって揃える服も変わる可能性があります。

 

ということで、ワードローブノート、作ってみた。

…めっちゃあるやん。

トップス・ワンピ系

ボトムス

アウター・ドレス・靴・寝巻きなど

傘・ストール・帽子など小物

特殊着・水着・ジム・アウトドア・ゴルフ

以前断捨離したと思ってたけど…甘すぎたわ。

 

では、それぞれ検証しながら不要な衣類は処分していきます。

いらないものを×マークをつけて処分していきます。

まずは、処分基準の確認

処分に該当するのは以下基準に基づく。

・そんなに着ないのに明らかに多い。

・カブってる。 

・代用できる。

・使う時がないもの。

・子供っぽいもの。(脱・童顔(?)目指してますので。)

・野暮ったいもの。(私が着るとおばちゃんぽくなるもの)

・体型的に似合わないもの。(I型かV型)

(似合う似合わない、具体的にはまた次回のエントリにて。)

・そもそも好きじゃないもの。

 

検証開始:トップス・ワンピから

シャツ、多いなぁ…。

でもシャツはしょっちゅう着るし、ある程度置いていてもいいジャンル。

【検証結果】

・年中着れる。

・オフィカジでもカジュアルでもがっつり着れる。

・ゴルフでも着れる。

・I型・V型の体型に比較的合う。

・カジュアルよりなので、がっつりオフィスシャツはあってもいいかも。

 

カーディガン少ねぇ。。。笑。2着て‥。

【検証結果】

・オフィスで使えるので、営業用に黒一着足してもいいかも。

 

めっちゃあるハイネックW

【検証結果】

・V型は、そもそも首元が詰まった服があまり似合わないので、絞る。

・似合わないのにカジュアル系は不必要。オフィス系のみに絞る。

 

ニット

【検証結果】

・ん〜今あるラインナップだったら、こんなには必要ないかな。

・V型なので、首の詰まったものは似合わないので処分

・カジュアルでしか使えないものは絞る。オフィスメインに。

・それにしてもオフィス系が少ない…。増やすのも検討するべし。

 

ユニクロ

【検証結果】

・白、似合わなかった!首詰まってるし。V型には無理。処分。

 

パーカー・トレーナー

【検証結果】

・バリバリカジュアルなので、TPOが限られる。これ以上増やさない。

 

その他。

ニットベスト・無印のパーカー綿

【検証結果】

・無印パーカーは寝巻き入りだな。

 

バスクシャツとワンピ・ドルマン系

【検証結果】

バスクシャツ、ありすぎやろ!がっつりカジュアルなのでもう少し絞りたい…。

・流行りのドルマン少ないな…。

・網目は細かい方が大人っぽいので綿ニットは切り替えてもいいかも。まだ検討中。

 

ワンピース。女子のくせに、かわいいの少ねぇ…。。。

【検証結果】

・ネストローブの白は、色はいいけど、私が着るとオバさんぽいきがするので処分。

H&Mはなんやかんや使いやすい。けど、本当はセットアップがいい。代用見つかり次第処分

・アメリカーナは、次の春につかわなければ処分。

 

 

 

ロンT。インナーも兼ねてるけど、めっちゃある。

【検証結果】

・シワが入りやすいのは使い勝手が悪い。処分。

・THERMADRYが暖かいけど、数が多すぎる。寝巻きと下着行き。

・ハリラン。首詰まりすぎ。V型には似合わず。処分。

・ロンTは今後、首回りの空き。シワの入りやすさを考慮して買うこと。

 

Tシャツ。あって不便しないけど、カジュアル以外で使い難いからそんなに量多くなくてもいい。

【検証結果】

・同じのばっかあるから、ZARAとKBFは処分。

・余ったTシャツはちょっときれいめ。

・ハリランは、残す候補だが、再検討の余地あり。

 

その他、重ね着とかする用の夏用シャツ

【検証結果】

・オフィスでも使える系の夏物、少ねぇ。。増やすのも検討余地あり。

・デザインTはこれ以上増やしたくない。増やしたとして後1着。

 

検証開始:ボトムス

う〜ん。ここが一番悩ましいんやけど…

【検証結果】

・カーキガウチョは、パーソナルカラーでアウトなカーキだったので処分。

・その他…。もうちょい検討。

 

検証開始:アウター・ドレス・靴・寝巻きなど

ジャケット

【検証結果】

・今となっては多すぎる。

・将来的にはきれいなベージュとかも欲しいところ。

 

コート。暗っ!!

【検証結果】

・ジムフレのスプリングコートを、ベージュのトレンチに変えてみるのもいいかも。

 

ドレス

【検証結果】

・無駄に多い。

・リゾートウェアを1つに絞る。

・友人の結婚式も、今やほとんど着物で出席してるので、今後処分も検討する。

 

アウトドア

【検証結果】

・ダウンありすぎ。一番かさばるビームスBOYのと、ノースフェイスは処分。

・ノースフェイスのゴアテックス&フリース、ダウン、ボアジャン、それぞれ1つづつあれば、コンプリでしょう。

 

寝巻き

【検証結果】

・先ほどトップスの、無印パーカーとハイネックが寝巻き入り。

・春夏秋冬、この6着で完了。

 

【検証結果】

・特殊靴(ロングブーツ、リゾート靴、ジム靴、ビーサン、山登り靴)以外は、基本7足が原則。これ以上増やさない。

・基本7着は、ロングシーズン使用可能なものにする。(靴下履きとかで使い回す。)

・スニーカーは、白に買い替えも検討の余地あり。 

 

検証開始:傘・ストール・帽子など小物

【検証結果】

・傘は3本と決めている。あとは処分。

 

帽子

【検証結果】

・とにかく全然被らないアウトドア系の帽子を処分。

 

 ストール

【検証結果】

・同じ服でもストールで印象が変わるほどポイントアイテムだと思ってるので、とりあえずこのまま。結構まんべんなく使ってる。

 

検証開始:特殊着・水着・ジム・アウトドア・ゴルフ 

水着

【検証結果】

・水着ショートパンツ買ってから、ホリスターズは使わず、ビクシーばっかりになってきたので、ホリスターズは処分。

・競泳用のナイキは必要。

 

ゴルフ。これですよ〜。難民感炸裂してますね。

【検証結果】

・ゴルフ始めたばかりの時の、ウェア難民時代の服は処分。

・ポロシャツが多い!けど、ジムやアウトドアでも併用してるので、まだ検討中。

 

ジム服・アウトドアパンツ

 【検証結果】

・ジム服はこんなもん。ゴルフポロシャツも併用する。

・アウトドアは、ゴルフポロシャツも併用する。

・アウトドアボトムスもこんなもの。アバクロの紺は今後処分も検討あり。夏に紺は暑い。

・アウトドアハーフパンツは水着でも併用。 

 

とにかく洗い出して、現状確認と、机上の断捨離を。

全部の服を書き出すだけで、思っても見なかった角度から処分を検討したり、逆に、必要なものが見えてきたりしました。

こりゃおすすめです。

 

自分の服の現状をしっかり把握して、まずは机上でいいので処分を。

?マークがつく服は、それだけを試着してみて再度検討。

 

あとポイントは、

机上断捨離をしたあとは、何も考えずに処分する事。

どうしても実物を見ると惜しくなっちゃうから

考えない。

 

ちゃんと考えて出た結論を、一時の「惜しい」感情に流されず処分する。

 

とはいえ、そこまで少なくなってませんが。

また、思いついた時とかに見返して見て、今後のワードローブを検討するベースにしていこう。