読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理学者から学ぶ:ネガティブ思考な自分を克服したい!落ち込みからすぐに抜け出す・立ち直る方法。

先日読んだ、ゆうきゆうという心理学の先生の本。

ネガティヴな私に、非常に希望を与えてくれたので、

メモも含めてまとめてみたいと思います。

f:id:tama222111:20161124162811j:plain

PHOTO by www.mag2.com

すぐに自分を責めて落ち込んでしまう人は⇨「反論思考」トレーニングを!

自分に自信が持てない。心配性である。など、

どうしても物事をネガティブに考えてしまう悲観主義者。

かくいう私もネガティブな方なのですが…。

 

ネガティブに考えてしまう!そんな人へは、

心配と逆の事実をいくつか思い浮かべる「反論思考」のトレーニングが最適です。

 

例:病気が心配だ…

  ⇨でも、検診では問題なかったじゃないか!

  ⇨でも、野菜をよく食べてるじゃないか!

  ⇨でも、親戚もみんな健康に長生きしているじゃないか!

 

例:私はダメな人間だ…

  ⇨でも、毎日仕事は続けてる!

  ⇨でも、彼氏がいたこともある!

  ⇨でも、お金に困らず生活できている!

 

 

以上のように、自分の中で、「事実」を反論していくのです。

 

落ち込む度に「でも」をキーワードに!反論することが大切。

そもそも、心配は大半が根拠のない「思い込み」。

その根拠のない「思い込み」を、事実によって反論することで、

気持ちはずっと安らかになります。

 

小さな事でもいいので、反論をし続けることが大切です。

それを反復し、トレーニングすることで、自然と自分の身についてきます。

 

心理学者の研究実験結果から

事例その1:オーストラリアの心理学者トンプソンさん研究チーム

悲観主義者とされる32名を集める

 ⇨思い浮かぶネガティブな思考を反論させるトレーニングをさせた。

事例その2:日本の心理学者、河井栄治氏らチーム

小学生を対象にして「努力をしたってムダだ」という話を聞かせる。

 ⇨その後、この話に対して反論させる。

 

結果:いずれも、彼らの多くがその後3ヶ月たってもポジティブな精神状態でいられた。

 

反論する事実が思い浮かばなかったら…?

とにかくあきらめずに

どんな小さなことでもいいので、探し続けることです。

 

もし本当に一つも思い浮かばないなら、

それは極度のうつ状態と考えて、メンタルを受診するのも一つの手です。

 

でも、反論がまったくないなんてありえません。

誰もが一つは、「幸せな事実」を持っています。

 

その「幸せな事実」をもって、反論し続ければ

きっとそのネガティブな気持ちも安らぐでしょう。

 

***

いかがでしたか?

 

私はこの本を読んだ時に、とても希望を与えられました。

 

こうした、人に起こる心理現象や状態を

気持ちに流されず、頭で理解できていれば、

いざという時に、対処できる可能性があります。

きっと家庭でも仕事でも、役にたつはず。

 

考えるだけでは、落ち着かない人は、

「0秒思考」を使って、反論思考トレーニングをするのもおすすめですよ。

この0秒思考も、なかなか思考整理に役立つので私はよく活用してます▼

yoriblog.hatenablog.com

 

すぐに実行できるか…は、わかりませんが、

頭で理解して、学んでいくことは大切だなと。

 

また、こちらのゆうきゆう診療内科さんの本も面白いのでおすすめです。

マンガなのでめちゃくちゃ読みやすいですよ。ギャグ漫画になっています。

マンガで分かる心療内科 9 (ヤングキングコミックス)

マンガで分かる心療内科 9 (ヤングキングコミックス)