賢く美味しく作り置き。朝ごはんの時短技インスタント「味噌汁玉」を作ってみた。

おはようございます。

 

毎朝こんな風に早起きできればいいんですけどね。

そんな人間スマートにはなかなかなれないものです。

 

朝に限らず、料理は「美味しく楽しく時短したい」のが私のモットーなのですが

先日、憧れの味噌汁生活を実現するべく、味噌汁玉を作ってみました。

 

味噌汁玉とは

お湯で溶くだけでできちゃうインスタントお味噌汁。手作りなので、安全・美味しい・長持ち・簡単・楽。とにかく最高です。

 

用意するもの

味噌

出汁になるもの(今回は昆布と椎茸)

味噌汁に入れたい具材(今回は小松菜・生姜・きのこ類)

 

これらを食べやすいように細かめに切って用意。出汁になるものは、しっかり旨味が出るように、特に細かめに切っています。あと具材にきのこ類を使っているのも、その方がさらに旨味が出るからです。

味噌は、合わせ味噌と、前に作った手作り味噌の残りがあったので、混ぜたり味を変えたりして使い切ることにしました。

f:id:tama222111:20160807132603j:image

 作り方 

 ラップを敷いて、スプーン一杯分くらいの味噌を円になるようにのせます。

f:id:tama222111:20160807132607j:image

出汁になる椎茸・昆布をのせます。

f:id:tama222111:20160807132611j:image

具をのせます。今回はえのき×小松菜

薬味の生姜入り味噌汁が好きなので忘れずのせます。 

f:id:tama222111:20160807132628j:image

巾着になるように丸くまとめます。この時に、具材はなるべく味噌に埋もれさせます。その方が具材が味噌漬けとなって長持ちします。

f:id:tama222111:20160807132631j:image

埋もれたら完成!簡単ですよ♪

 

具材のバリエーション例 

味噌汁に限らず、炒め物でも何でもですが、中に入れる具はなるべく2種類くらいにしています。その方が美味しく思うからです。(鍋以外)1枚目の写真のように、先に幾つかの具材をカットしてスタンバイさせておけば、いろんな組み合わせを楽しむことができます。

エリンギ×小松菜

小松菜が入ることで野菜が取れて美味しいです。エリンギはプリプリ。

f:id:tama222111:20160807132635j:image

 

エリンギ×えのき

こちらもきのこシリーズで美味しいです。出汁である椎茸も足すと3種のきのこ味噌汁です。旨味が出まくりです。

f:id:tama222111:20160807132643j:image

 

完成です!

こんな感じでズラリとできました!色がちょっと違うのは、味噌の種類が違ったり、混ぜたりしたからです。保存は、食べきるのに時間がかかりそうな場合は冷凍庫。すぐ食べ切りそうなら冷蔵庫に入れてます。そもそも味噌漬け状態になっているので、冷蔵庫であっても結構持ちます。

f:id:tama222111:20160807132649j:image

 

さて。お味の方は。

味噌玉をお椀にのせます。

f:id:tama222111:20160807132653j:image

 

熱湯をかけます。

この時熱湯の方がいいです。味噌玉が冷凍の場合、溶けるのに時間がある程度掛かるからです。

f:id:tama222111:20160807132658j:image

 

溶けたら食べてOKです!具材がすでに味噌漬けになっているので、味がしっかりしてて美味しい。

f:id:tama222111:20160807132707j:image

 

残った具材は、今夜の晩御飯になります。 

すでに切ってあるので、ざっと炒めて

f:id:tama222111:20160807132719j:image

ソッコー完成です。楽チンでオススメです♪

f:id:tama222111:20160807132724j:image

 

アウトドアや忙しい時のプラスαに

何個かあるとめっちゃ便利で、山登りとかアウトドアでも使えるし、たとえご飯がお惣菜であっても、一品でも手作りの品があるだけで、満足感が変わります。

 

追記***

そもそも玉にせずとも、こんな風に瓶に入れちゃうのもいいかもしれないですね。