読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ 堀江貴文 読了

Book 本

おもしろい。

 

 

f:id:tama222111:20160502131627j:image 

※ ※ 

心に留まった言葉をピックアップ

 

 

 

93

自信を形成するための「経験」が圧倒的に不足していた

 

100

目の前に流れてきたチャンスに躊躇無く飛びつく事ができるか

チャンスを見極める目なんて必要ない

すべてはノリのよさから始まる

 

133

「できっこない」という心のフタさえ外してしまえば「やりたいこと」なんて湯水のようにあふれ出てくる

 

146

10の信用があれば100のお金を集める事ができる。

けれども、100のお金を使って10の信用を買う事はできない。

本当に困ったとき、人生の崖っぷちに追い込まれたとき、失敗してゼロに戻ったとき、あなたを救ってくれるのはお金ではなく、信用なのだ。

 

149

はったりをかますこと、背伸びをする事は、決して悪いことではない。

他社からの信用を獲得していくために、絶対にのりこえなければならないハードル。

信用の「ゼロからイチ」は、まず自分で自分を信じることからはじまる。

 

154

やりたいことは全部やれ!

人は「ここでいいや」と満足してしまった瞬間、思考停止に突入して、一気にオヤジ化してしまう。

常に新しい分野に目を向け、新しい出会いを作り、新しい情報を浴びて、思考と行動を繰り返す。

 

187

人が前に進もうとするとき、大きく3つのステップを踏む事になる。

①挑戦…リスクを選び、最初の一歩を踏み出す勇気

②努力…ゼロからイチへの地道な足し算

③成功…足し算の完了

挑戦と成功の間をつなぐ架け橋は努力しかない。

 

成功したければ挑戦すること。

挑戦して、全力で走り抜ける事。

その全力疾走の事を、人は努力とよぶ。

 

209

仕事の質はひとえに「集中力×時間」できまるものだ

 

 

僕らの人生は「今」しかない。

過去を振り返っても事態は変わらず、未来に怯えても先へは進めない

 

 234

ひたすらゼロの自分にイチを足して生きている。そんな僕にできるのだから、あなたにもできる。本気でそう思っている。

 

 ※ ※ ※ 

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

 

 


※ ※ ※ 

読むだけで、夢が広がって、やりたい事がたくさん出てくる。

 

ホリエモンって一冊の本で、人の夢までつくっちゃうからすごいわ〜。